« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

“京都水族館と嵐山・嵯峨野トロッコ列車”

まるでツアータイトルのような単語が並ぶ

ような…ではなく、久々のバスツアーなのだ

水族館の入場料が2千円とあまりにも高く、とてもじゃないが行けないと思っていた矢先のツアー案内

二輪でさえ思うように走れなかった嵐山・嵯峨野界隈

トロッコ嵯峨駅にたどり着きながらも乗れなかったトロッコ列車

これらが折り詰めされたツアーに飛びついてしまった

24429_04324429_004

梅小路駐車場でバスを降り、アプローチの広場を抜け水族館前にたどり着くとメーデー参加者で大賑わい

24429_002

水族館の入場口もごった返している

人気のオオサンショウウオなどが展示されている「京の川ゾーン」は子供たちが水槽にへばりつき近づくことが出来ない

子供の頭越しに見ることの出来るかいじゅうゾーンでオットセイの水中での素早い動きを、そして陸に上がった愛くるしい表情を

24429_00924429_010

ペンギンゾーンで水中遊泳の妙技を見学し、陸上での餌やりを

24429_01624429_029

大水槽ではたくさんの魚たちに混ざってこんな姿も

24429_023

これも一種のショーなんだろう

楽しみにしていたイルカショウーは次の公演が立ち席も含め超満員で

さらにその次のショーではバスの発車に遅れることから断念

出口に向かう通路で見かけた壁面にはまたもやオオサンショウウオが

24429_03824429_037

水族館とともに梅小路公園の一角にある「緑の館」のレストラン「コラボ」で昼食

24429_04424429_047

隣接する朱雀の庭を借景に落ち着きのある空間を提供している

「茸と京壬生菜のアンチョビソース」

Photo

ガーリックがほどよく効いた美味しいパスタでした

いえね、ツアーならこその生ビールなんです

24429_04824429_049

そろそろバスの集合時間が近づいてきた

朱雀庭園(@200)を散策しゆっくりとお茶などいただきたいものだ

14時過ぎに嵐山・渡月橋近くに着き、15時50分トロッコ嵯峨駅集合までの二時間弱の自由行動

十三参り(数え十三歳の男女が、福徳と智恵と健康を授けていただくために、親子ともども虚空蔵菩薩にお参りする習わし)で着飾った女の子たちが多く目に付く渡月橋周辺を歩く

24429_05524429_056

新緑の嵐山を背景に保津川にはたくさんのボートが浮かぶ

嵯峨野を散策する内目にとまった何点かを

24429_06024429_06124429_064

24429_06524429_06824429_070

トロッコ列車は5両編成で嵯峨駅と亀岡駅を約25分で結ぶ

GW前半中日のこのは立ち席も出る賑わい

24429_079_224429_085

木製の座席に天井には裸電球が灯る

24429_08724429_090

トロッコ嵐山駅で並行するJR嵯峨野線ともお別れしいよいよ保津川沿いの渓谷美を目の当たりにする

24429_09724429_098

たまたま保津川下りの観光船と遭遇し双方から手を振る姿が

24429_100

保津川沿いには桜や楓が植栽され、よく手入れが行き届いている

24429_10424429_107_2

新緑のさわやかな風を受けながら待望の小さな旅が終わった

2012年4月28日 (土)

アルテリーヴォ和歌山vsディアブロッサ奈良

今年関西サッカーリーグ1部に昇格した地元クラブチーム「アルテリーヴォ」

第1節は昨年の1部覇者の奈良クラブとアウェーで引き分けし

第2節はパナソニックエナジー洲本に1-0で勝利

迎えた第3節はホームの桃源郷運動公園でディアブロッサ奈良との対戦

24428_00924428_010

桃源郷運動公園は旧桃山町の山間にある環境のよいグラウンドだ

半袖でも暑い陽気にピッチ上でも熱い戦いが始まる

24428_015_224428_025

我らが斯波選手も懸命にゴールを死守しているが

いかんせん前半30分にサポーターの応援もむなしく

フリーキックから先制点を許してしまう

24428_014

後半15分過ぎに1-1の同スコアーとなり

緊迫したゲームとなったが、訳の分からぬところで突然のイエローカード

その後、アルテリーヴォサイドに二枚のイエローカードが切られ

挙げ句レッドカードで退場者が出る始末

サッカーには疎いが、審判がゲームをぶち壊してしまったような印象がぬぐえないのはhanasakuだけだろうか

ともかくよく頑張った

24428_03524428_041

次節は連休明けの13日、アウェーでアミティエSCと

頑張れ! アルテリーヴォ

2012年4月25日 (水)

アイアンホース富士・箱根ツーリング 3日目

24.4.22(日) 由比~新東名~名神~第二京阪~岸和田SA

天気予報によると西からだんだんと崩れているようだ

予定していたヤマハコミュニティプラザや伊勢湾岸道、第二名神をパスし

朝から東名~名神を乗り継ぎ早めの帰宅に変更

と言うことで、3日目は単に走るのみでレポも写真も皆目無し

昨夜の「桜エビづくし」でお茶を濁すことに

割烹旅館「西山」に隣接した割烹料理「四季采館 開花亭」で夕食をいただく

突き出しに桜エビの3種盛りが、小鍋のふたを取ると桜エビが‥

ここにして初めてこの界隈が桜エビの有名処であることを知った

24420_05224420_053
生桜エビのワサビ・生桜エビの酢味噌・桜エビの佃煮/生知らすと刺身

24420_05424420_056
桜エビのかき揚げ/サザエの壺焼き・かにグラタン 

かの有名な桜エビのかき揚げを食したのは初めてで、これは実に旨い

それに、シラスの産地に住んでいながら生シラスをいただくのも初めてだった

「車エビは生にしますか? それとも塩焼き?」に若干一名を除き「塩焼きを」

24420_058

これだけ新鮮な海の幸をいだければもう十二分

刺身の盛り合わせと焼き魚は手つかずで残っていた

24420_060_2 さて早朝、朝食までのひとときを由比の浜まで下りてみることにした

しかし、海岸線には東名道と東海道本線が通せんぼをし出られない

漁師町をブラリ散策すると桜エビの名がこちらにも

地持禅寺の手入れの行き届いた石庭を眺め、宿舎に戻る

24420_06224420_064

宿に戻ると朝食の準備が整い、朝からの大きな太刀魚の塩焼きにまたまた仰天

ともかく昨夜といいすばらしい料理だった

薄曇りの中日を除き、雨にたたられた恒例のツーリングだったが

トラブルもなく岸和田SAで早めの解散

皆さんお疲れ様でした

【本日の走行距離】 477km

【全走行距離】 1171km

【総給油量】 60.04㍑(19.49km/㍑)

【高速道路代金】 10,850円

2012年4月24日 (火)

アイアンホース富士・箱根ツーリング 2日目

24.4.21(土) 富士スピードウェイ~ターンパイク~箱根神社~由比

昨日は全員が雨具に身を包んでの一日だったが今日はどうにかもちそうだ

予定どおり9時に宿をあとにし、先ずは富士スピードウェイへ

24420_034

メインスタンドから眺めるレーシングコースは迫力満点

この日はナンバー付き車両によるレースが行われ、直線コースの1475m(全長4563m)を疾走する車両にただ唖然と

24420_037

スタンドから眺める面々の「あぁ コース走ったら気持ちいいんやろなぁ」と言う声が今にも聞こえてきそうだ

24420_040

元は箱根ターンパイク(有料道路を意味する)という観光有料道路だったようだが、5年前に東洋ゴム工業がネーミングライツを取得し「TOYO TIRES ターンパイク」とされた

比較的緩やかなカーブと勾配からライダーには人気の道路で、この日も桃色のトンネルを楽しんでいた

我らが隊長は桜吹雪もお構いなくノンストップでビューラウンジを目指したため、別動隊のスナップをお借りすると

Dcim007220120421_114356

ピンクの桜吹雪に酔いしれながら大観山ビューラウンジへ

東京からの別動隊2鉄馬もすでに到着し久しぶりの再会

昨日の昼は皆から後れを取りご迷惑をかけたので、本日はまっ先に「山菜そばお願い!」

大観山から富士山や芦ノ湖の眺めは素晴らしいようだがあいにくの曇り空

しかし、芦ノ湖はうっすらと姿を現していた

24420_042

ターンパイクを下り、芦ノ湖畔にある箱根神社に参拝

24420_04424420_046

さて、本日の予定したコース(若干変更も有りだったが…)も無事終了

後は海鮮料理の割烹旅館「西山」での海の幸に期待し由比へ向かう

【本日の走行距離】 188km

2012年4月23日 (月)

アイアンホース富士・箱根ツーリング 1日目

24.4.20(金)  新東名高速~白糸の滝~山中湖畔

岸和田SA(7:30)=(11:40)ネオパーサ浜松(浜松SA)(12:30)=(14:40)白糸の滝(15:00)=河口湖(16:40)=(17:30)ビュー山中湖 ※時間は写真より推察

24420_005                 雨具に身を包み岸和田SAに集合した面々

昨年のアイアンホースは今回のルートを予定していたが、3・11大震災や計画停電の影響で中止となった

8月に城崎方面で実施されたが、暑さに弱いhanasakuは不参加となり、今回は二年ぶりの参加

集合場所の岸和田SAにカッパに身を包んだ面々が遅れることなく集合

リッターバイク8台に9人が乗り込み、天理PA、御在所SAと休憩を取りながら伊勢湾岸道を経由して今月14日に開通なった新東名道に三ヶ日JCTから乗り込む

前評判どおり、道路勾配が緩く、緩やかな線形に余裕の車線幅で快適そのもの

特に拡幅車線用地はいつでも開放できるよう舗装を済ませているので、トンネル内などは圧迫感がまるでない

24420_007

浜松SAの「ネオパーサ浜松」はゆったりした敷地に真新しい施設が広がる

フードコートで名古屋コーチンの親子丼を頼んだが、これがまた出来るのが遅く皆さんを待たせてしまった

新富士ICで新東名を下り、本日の目的の一つ「白糸の滝」へ

24420_01224420_017

平日で天候もイマイチと言うこともあってか観光客はまばら

遠い昔日に来たような記憶が残るが、定かでない

ここから富士スバルラインを経て五合目まで足を伸ばす予定だったが、生憎の天候に加え気温が低く五合目は無理と見限り河口湖から山中湖に向かう

24420_01824420_020 

河口湖畔で先導の5台に取り残された3台が戸惑う場面もあったが、無事遭遇

予定どおり今宵のお宿「ビュー山中湖」に到着し、冷えた体をお風呂で温め、冷えたビールでカンパ~~~イ

24420_02124420_025 

【本日の走行距離】 506km

2012年4月14日 (土)

これは行かぬ手はない

ある日、素朴な一通の手書きの案内が届いた

見るとランチでたまにお邪魔する「オリーブ」からで

「ディナーを通常の価格の半額で」、とある

24414_00224414_003

これは見逃す手はないと、早速予約を入れた

24414_00424414_005

先ずはコースをご覧あれ

24414_00624414_007

前菜は生ハムとスモークサーモンを一品ずつチョイス

24414_00824414_009

バスケットには食べ放題のパン

そしてパスタはホタテとほうれん草のバター風味

これが我が胃袋には優しい量だ

次に「エビのリヨン風グラタン」とメインの「牛ホホ肉のブラウンソース煮」

24414_01024414_011

エビたっぷりなグラタンだったし、ホホ肉の軟らかなこと

最後にはデザートとドリンクが付く

24414_013

帰り際、マスターに「こういったご招待ならいつでも喜んでお受けします」と    

2012年4月 8日 (日)

名峰 名草山を歩く

桜日和の日曜日、名草山へのお誘いを受けた

2448_002

桜の名所紀三井寺の背後に凛と聳える名峰で、昨春?に続き二度目の登攀

2448_0052448_008

京都・嵯峨野を彷彿させる竹藪を抜け、しばらくすると若浦湾が一望できる一本松広場に着く

2448_0112448_013

道ばたには可愛いスミレも顔を覗かせる

2448_0142448_012

ほどなくして山頂に着くとソメイヨシノと花見客が花盛り

2448_0172448_024

山頂に着き早速店開き

たかっさんが昨日から丹精を込め仕込んでくれたお手製の花見弁当

色合いも、もちろんお味の方も最高です

2448_0212448_022

担ぎ上げたエビスも、白ワインも、冷や酒も瞬く間に空っぽ

2448_023

十二分に頂いたところで下山の途に

往路に見つけていたタケノコを掘るたかっさんとそれをじっと見つめるhanasakuばぁ

2448_034      

戦利品を手に意気揚々と下山する面々

2448_0362448_038

昼間しっかりと頂いていたのに、焼きタケノコを肴に夕食時にもピッチが上がりました

2012年4月 7日 (土)

4月のツーリングを控え足慣らしに

2447_012
昨日の朝日新聞県版に「春の美 みんなで」というタイトルで

近露の見事なシダレザクラが掲載された

これを見逃す手はないとR424を近露に向け愛鉄馬RTを走らせた

Photo
昨年9月の台風12号による深い傷跡が残る有田川や富田川添いを

それでも明恵峡温泉の下の桜並木には癒やされます

目的の近露に着き、先ずは腹ごしらえと古道あるきの里「ちかつゆ」へ

2447_0012447_004

きつねうどんとめはり寿司の定食を頂き、野長瀬家のシダレザクラの見学に

2447_0052447_007

2447_0082447_009

見頃は少し過ぎているものの見事な老木だ

近くの庭にはこんな可憐な花も

2447_0142447_015

中辺路からR311を田辺に下り、 眠気覚ましのコーヒーを頂く

昼下がりのカフェにじぃさまが二人、

「ケーキセットを頂いても逮捕されませんか?」

Photo_2   

【本日のRT走行距離】  233km

2012年4月 2日 (月)

4月1日と言えば…

この日を世間ではエイプリルフールと呼ぶようですが

我が家ではメモリアルデー

と言うことでここ最近山歩きはそっちのけでご近所の「パリゴー」へ

2441_0012441_003

ご存じパリゴーは日本家屋で楽しむフレンチ

大きな柱や梁が残る店内は落ち着きのあるムードを醸し出している

早速コースの紹介を

2441_0042441_005

先ずは“地鶏とフォアグラのドディーヌ”、“にんじんのムースとカニのサラダ”

カニのサラダは見た目もさることながらカニの旨みが滲み出ています

次に“かぼちゃのスープ”、“タイのソテー ブラックオリーブのソース”

2441_0092441_011

タイに添えられたタケノコがまた美味しい

そして本日のメインディッシュに“アワビのステーキ”と“熊野牛のステーキ”をそれぞれチョイス

2441_0132441_015

ここでシェフからとびっきりのプレゼント

2441_017

〆には“イチゴのショートケーキ”、“イチゴのミルフィーユ”を

2441_0192441_020

いつもいつも至福の時間をいただけるパリゴーさんに感謝です   

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31