« 入笠山+坪庭散策 PartⅠ | トップページ | ♪ 五色の たんざく / わたしが 書いた … »

2012年7月 3日 (火)

入笠山+坪庭散策 PartⅡ

ぽっかり雲の朝はワラビ取りに始まる

2463071_1102463071_111_2


ペンションからわずか5分足らずでピラタス蓼科スノーリゾートのゲレンデに着く

昨夜オーナーから「まだワラビがたくさんとれますよ」と聞き

朝食前の一仕事

「7月になってワラビにお目にかかるとは」とは、ワラビ取りの名人の一言

それぞれに一家では食べきれない量のワラビをレジ袋に詰め込みペンションへ

2463071_123_32463071_122_2

2463071_124_2


出だしからカッパを着込んでの山歩きは気分が滅入る

しかし、皆さん歩く気満々

24. 7. 1 北八ツ(坪庭)~自宅

北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅(9:20)=山頂駅(9:30)~坪庭(9:45)~縞枯山荘(10:08)~山頂駅(10:40)=(10:50)山麓駅

2463071_127_2


山麓駅(1771m)から100人乗りロープウェイが標高差466mを7分で一気に駆け上がる

山頂駅を降り立つと、いつものように「キツツキ」のお出迎えを受ける

記念のお写真を順次撮り終え、雨に濡れた木道を足下に注意しながら歩く

2463071_1332463071_137

ほんの2~30mも登るとそこは溶岩台地

一帯にはハイマツやコメツガなどの低木が生い茂り、僅かにコイワカガミが色をつける

2463071_135


2463071_139


天気がよければそこそこ楽しめるのだが…愚痴は言うまい

2463071_140


2463071_141


でも、皆さんのその笑顔を見ていると心が晴れます

気をよくして雨の中、縞枯山荘まで足を伸ばしてみることにする

2463071_145_22463071_146


残念ながら山荘は臨時休業

2463071_155


「ここのぜんざいは美味しいんやけどね」と…

2463071_156

ロープウエイ山頂駅手前

ネットに手厚く保護されたクロユリが一輪

皆さんを和ませてくれました

ぽっかり雲に戻り、カッパを脱ぎ帰途に

2463071_158

蓼科高原に数ある蕎麦屋の一つ「メルヘン」に立ち寄り

2463071_145


2463071_142

家路へと急ぐ

« 入笠山+坪庭散策 PartⅠ | トップページ | ♪ 五色の たんざく / わたしが 書いた … »

山歩記」カテゴリの記事

コメント

入笠山+坪庭散策もう羨ましいったらありゃしない!
普段絶対に見ることの出来ないアツモリソウをはじめ、たくさんの可愛い山野草を愛でる・・あぁ~いいな!
ぽっかり雲へも早く行きたいな!何て思う今日この頃で~す。

この土、日に蓼科に行かれていたのですね。
入笠山は良い天気の上、花も見頃でしたね。 多分、一緒に行かれた先輩も大満足だったのではないですか。
『アツモリソウ』 高山植物の中でも特に好きな花の1つです。 湿原に咲いていましたか !!!
僕はこの時期の入笠山と湿原は知らないので、機会を見て行かなければなりませんね。
翌日はちょっと天気が残念でしたようですが、山は半分が曇天か雨の天気になるので、好天にこしたことはないですが、これも仕方ないです。
お互い ぽっかり雲でおいしい食事を頂いて 蓼科を散策できるのも "ゆきうさ" さんのおかげですね。

三日間の旅、お疲れ様でした~
関西ではなかなか見れないお花畑や美味しい料理~
いいな~いいな~と見入ってしまいました。
梅雨の時期は天気の予想が出来ないので運任せですね。
仲がいいお仲間さん達と無理ない楽しい登山の旅されて、
人生楽しく過ごされてますね~!
hanasakuさんの活力の素が伺えますね~!

あ!ピンクのソフトクリーム気になる~~

■たかっさん

開花のタイミングって難しいですよね
スズラン昨年は早く、一週間遅らせた今年はもうおしまい
まぁ、それなりに楽しめましたのでこれ以上望むのは贅沢というものでしょうね
もうしばらく奥様の必勝を祈願しそっとお過ごし下さい(笑)


■タマちゃん

一日目は天気も上々で、そこそこにお花を楽しむことが出来ました
二日目はこの時期致し方ないのですが、
山歩きをしない二夫妻にとっては少し酷だったような…
アツモリソウは湿原にではなく、山頂駅近くのスズラン公園に咲いています
魅力的な花ですよね
そう、これもひとえにゆきうささんのおかげです


■miyoさん

開花のタイミングに合わせるのが第一で
天候の方は運任せ
この時期致し方ないですよね
二日間のプチツアーを終え、和歌山での打ち上げも美味でした
ピンクのソフトはルバーブという植物の茎を使ったソフトとのこと
でも、お味の方はバニラとさほど…

大きなキツツキ 存在感のある食器 癒し・・これらの言葉、画像からイメージすることをあげよ~なんて言われたらもう ぽっかり雲~~~しかありません
時期的に高山植物に出会えるのもうらやましいですけど ぽっかり雲 すっかりご無沙汰しちゃって・・ でもhanasakuさんやタマちゃんのブログで味わえるので我慢しています

ロープウェイの下の画像右の植物が気になりますがなんだろ~葉っぱがガクのように花を支えていますね

いつもながらの超美味しそうなお料理の数々、ご馳走様でした~
一度は泊まってみたい・・とは思うものの・・・ (>_<;)
坪庭、あいにくのお天気で残念でしたね・・
でも、前日はたくさんの花に会えたんですね!ъ(^ー^)

質問。
何月だったか、6、7年前?無雪期、マナスル山荘まで車で登ったのですが、
今はもう登れないのでしょうか?

■ゆきうささん

ぽっかり雲しかないですよね
自家製新鮮野菜をふんだんに使ったレシピは
食が進みます
タマちゃんのコメにもあるように「軒先貸して母屋を乗っ取った」イメージです

花の写真ですが多分ゴゼンタチバナかなと思います
wikipediaによると「葉は2枚の対生葉と液性の短枝に2個ずつ葉が付き、計6枚の輪生に見える」とあります


■ルネさん

超美味しそう ではなく本当に美味しいんですよ(笑)
ここぽっかり雲はロケーションもさることながら
前述のゆきうささんのご愛顧のペンションで
とりわけ新鮮野菜をたっぷり使った家庭料理風フレンチに魅力があり
今年でも3度目の訪問となります

>質問
 回答;マナスル山荘までは今も車で通行出来ますが
GWと言った観光シーズンやスズランのこの時期、夏休みなどにマイカー規制が実施されます
お出かけ前には実施日をご確認下さい
そして、美味しい山菜そばときなこ餅を食べてらっしゃい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/46130306

この記事へのトラックバック一覧です: 入笠山+坪庭散策 PartⅡ:

« 入笠山+坪庭散策 PartⅠ | トップページ | ♪ 五色の たんざく / わたしが 書いた … »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31