« リベンジ 醒ヶ井の梅花藻 | トップページ | 大台ヶ原散策 »

2012年7月18日 (水)

花の山「伊吹山」

24. 7.16(月・海の日) 伊 吹 山(1377.3m)

24715_052三之宮神社登山口5:50~6:15一合目6:24~二合目6:50~7:21三合目7:36~7:57五合目8:07~六合目8:26~9:13八合目9:22~10:06山頂11:33~12:37五合目12:49~三合目13:04~14:16登山口
※疲労困憊で各合目ごとに休憩を取ったり、加えて六合目から上部はデジ亀状態に陥りタイムはまるで参考になりません

夏山のトレーニングにと選んだのが伊吹山

単に体力作りなら近くにも適当な場所はあるが、やはりこの時期お花が魅力だ

ここ最近のバスツアーを見ると、伊吹山と醒ヶ井の梅花藻がセットで売り出されている

これを実践してみようと前日は醒ヶ井へ、道の駅「伊吹の里」で車中泊し伊吹へと計画

三年前に来たときに駐車場代が千円だったので、神社前の個人駐車場で千円渡すと500円がお釣りで返ってくる

手前にある駐車場が500円で客引きするものだから、上までは上がってきてもらえずやむなく値引きしたのだという

24715_04324715_044


登山口から三合目近くまでは樹林帯で日は遮ってくれるものの風がほとんど通らず、加えて足下はぬかるみ状態

24715_05024715_054_224715_055
エゾフウロ/ウツボグサ/カワラナデシコ

近くにイブキフウロも咲いていました  エゾフウロとは少し違いますよね

24715_051

この日は体調がイマイチ、先導に遅れることしばしばで三合目手前に来てフウロやカワラナデシコのお出迎えを受け少しは癒やされる

24715_06524715_059


三合目の広いゲレンデは一面ユウスゲのお花畑となるが、今年はまだ開花には少し早いようだ

三合目で長い休息を取り六方焼で糖分を補充するも、我が鈍足はいっこうに伸びず、小さな子供連れにも置いて行かれる始末

24715_073

前方に目をやると六合目避難小屋あたりまでは見通せるがその先は雲が立ちこめている

五合目に到着し再度大休止

今度は自家製干し柿で疲れを癒やす

24715_064_224715_070
六方焼と干し柿

避難小屋を過ぎたあたりから琵琶湖方面に青空が現れ、市街地も姿を現す

24715_08324715_085


同時にお花畑に突入し、それまで以上にペースが落ちる

24715_07424715_07724715_082
ホタルブクロ/シシウド/メタカラコウ

24715_08724715_09424715_090
カラマツソウ/シモツケソウ/キリンソウ

歩きにくい岩ゴロの九十九折れをそれでもしっかりと草花をデジカメに収めながら歩く、いや、立ち止まる

24715_09624715_09924715_101
イブキジャコウソウ/オオバギボウシ/イブキトラノオ

トラノオとよく似た花にこういうの(クガイソウ)もあります

24715_079

八合目を過ぎるとお花畑がさらに広がる

24715_200


24715_10724715_11124715_113
キバナノレンリンソウ/???/アカソ

24715_11524715_11724715_119
グンナイフウロ/ミヤマコアザミ/お花畑

予定より半時間遅れでやっとのこと山頂に到着し、先ずはトマトの丸かぶり

遊歩道を散策する予定にしていたが取り敢えずは飯を食おう、体力を回復させよう、で

24715_12524715_128


それにしても大変な人出だ


売店周辺も、階段状の石積みも人、人、人

昨夜道の駅で出会ったご夫妻とバッタリし、しばし山歩きで盛り上がる

1時間半もまったりと山頂で過ごし、下山の途に

下山時は花の写真を撮ることもなく、ただ黙々と歩みを進めるのみ

時折眼下や山頂を振り返り、蟻の行列ならぬ登山客の列に人気の高さを改めて感じる

24715_13424715_140_2


六合目の避難小屋を過ぎ、五合目の売店前で小休止

24715_206

ここまで降りてくると山頂でのさわやかさは何処へやら暑いのなんの

一合目の売店で買ったよく冷えたお茶の美味しかったこと

下山し、神社前の水路で靴を洗っていると、神社の手水のところで靴を洗う不心得者も

先日、ご神体の那智の滝に登っていた輩と変わらない

ともかく駐車場のおばちゃんにお礼を言って帰路につく

« リベンジ 醒ヶ井の梅花藻 | トップページ | 大台ヶ原散策 »

山歩記」カテゴリの記事

コメント

花の伊吹で夏トレですかー。
うちもこの時期に登った伊吹は忘れられません。
バテバテでしたよ。
陽射しをさえぎるものがない登山道はきついですね。
頂上で食べた冷えたトマトの美味しかったこと。
お花はほとんど覚えてないです。。。

伊吹山2度登りましたが、いずれも猛暑の中で、熱中症ギリギリで登った経験あります。
目的はお花目当てですが、ユウスゲは蕾ですね。ニッコウキスゲは咲いてましたか?
ある人によると、コマクサが伊吹山でも咲いていると聞きましたが、
コマクサ情報が無かったような・・・咲いてたら行きたいな~!

やっぱりこの時期の伊吹山はしんどいですよね!
でも沢山の花が次から次へと向えてくれるのが伊吹山の良いところ、あぁ~行きたくなって来ましたよ!

■RYUちゃん

時折吹く風が結構涼しく
さほど暑さを感じなかったのですが
やはり日差しを直に浴びるというのは体力を消耗するのでしょうか
売店で一個100円のトマトを食べ生き返りました


■miyoさん

伊吹山はやはりお花の山ですよね
ニッコウキスゲは以前歩いた時、西遊歩道で見かけましたが
今回は山頂お花畑は歩かずです
コマクサが咲いているという話は聞いたことがありません
咲いているのでしたら是非お目にかかりたい花ですよね


■たかっさん

ロープウエイでの楽々3合目を体が覚えているだけに
この1時間あまりが応えるのですね
それにも増して次から次に現れるお花には
やはり感動ものです

三合目までで気力、体力が奪われて
それからの登りがとてもきついですね。
お花畑には毎年でも行ってみたいけど・・・。
伊吹山のごった返した山頂も(ある意味)好きです。
かき氷の味が忘れられません。(笑)

■産六さん

そうなんですよね
なまじっか三合目までの楽ちんルートを知っているだけに
この間でバテバテになりました
山頂で予定していたお花畑の周回もパスし
トマトにかぶりつきやっと生気を取り戻しました
かき氷は知りませんでした 残念

あれあれ、お近くにおみえでしたか

この山も1人で登れる数少ない山の一つです
たくさんの花が咲きだしていますね
気になる山です
暑い時にこのコース好きです
キラキラ輝く琵琶湖を眺めるのが好きなんですよ

我々のメンバーも伊吹山へ何時にしょうかと打ち合わせが始まっていて、サラシナシュウマが満開のなる8月後半にしようかと行っております。

■まっちゃん

そうでしょうね
道間違いは起こりえない山です
しかしこれからは暑い
3合目からは日差しを遮るものがないですから
耐暑登山になります
それを、好むまっちゃん
小雨の中、傘も差さず表に出ておにぎりをほおばる姿といい
どこか近寄りがたい存在です(笑)


■まるちゃん

熱中症にはくれぐれも気をつけて行って下さい
あの暑さは半端じゃないですから

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/46359368

この記事へのトラックバック一覧です: 花の山「伊吹山」:

« リベンジ 醒ヶ井の梅花藻 | トップページ | 大台ヶ原散策 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31