« 逆さ槍を見てみたい 1日目  | トップページ | 逆さ槍を見てみたい 3日目 »

2012年8月 1日 (水)

逆さ槍を見てみたい 2日目

24. 7.28(土) 新穂高温泉~わさび平小屋~鏡平山荘

誤算だった

200台もおける無料駐車場が早朝から満杯になるとは想像もしていなかった

駐車場入り口の係員に尋ねると、ロープウエイ駅周辺の有料駐車場も満車で鍋平園地の駐車場ならまだ若干の余裕があるとのこと

ただし、車では5分ほどで行けるが、歩けば40分ほどかかる

24727_001

無料駐車場から元来た道を引き返し5分ほどで園地駐車場に着いたがかなりな上りで、下山後が思いやられる

平湯キャンプ場5:38=無料駐車場6:05=6:13鍋平園地6:27=バスターミナル7:15~7:58風穴8:00~笠新道分岐8:29~8:42わさび平小屋8:58~奥丸山分岐9:18~10:27秩父沢10:44~イタドリヶ原11:47~12:05シシウドヶ原13:27~14:25鏡平山荘(泊)

ともかく1時間のロスは致し方ない

気を取り直してバスターミナルから左俣の登山道に足を踏み入れる

登山口から30分ほど歩いたところに「お助け風」と表示された風穴が現れる

確かに心地よい風が地底?から吹き抜けてくる

24727_013


24727_336
右側の画像は帰路撮影した


お助け風とはよく言ったものだ

表示された箇所だけではなく、山裾の岩隙やブロック擁壁の間からも冷たい風が抜けていて気持ちがよい

24727_022


24727_023


まだ花芽の残ったオオヤマレンゲとご対面し、しばらくすると明後日下る予定の笠新道出合からわさび沢小屋に到着

24727_02724727_032_2


こちらでは山小屋でよく見かけるトマトやきゅうりだけでなく、リンゴやバナナも水舟に浮かぶ

灼熱の太陽が照りつける中、林道から離れ本格的な登山道が始まると同時に

可憐な花が目につき始める

24727_020_224727_021_224727_02824727_033

クガイソウ/シモツケソウ/ヤマホトトギス/ヒメシャジン

しかしこの日も体調がイマイチで、いっこうに足が進まない

暑さの性なのか、寝不足かいつになく水分を多く求めたくなる

大きな雪渓の広がる秩父沢の冷たい水で顔を洗い、つかの間一息入れるがそれも長続きはしない

24727_03924727_05224727_05424727_049

ウツボグサ/ゴゼンタチバナ/???/
   

ただ、時折うっすらと現れる槍・穂や愛らしい草花に癒やしを得ながらゆっくりと足を進める

24727_045

とりわけ小池新道にはキヌガサソウが数多く咲き乱れる

24727_07324727_08724727_089   

シシウド゙ヶ原近くで昼食をとり、思わぬクロユリとの出会いがあったりし、なんとか念願の鏡池に辿り着く

24727_05824727_05924727_06024727_068

ヒメレンゲ/イワオトギリ/ソバナ/オオバミゾホオズキ
   

24727_07924727_08124727_08424727_086

ツマトリソウ/イワハゼ/カラマツソウ/クロユリ
   

池端の木床ではジョッキ片手に逆さ槍の出現を待ちわびる登山客の姿が

24727_09724727_099 

ともかく、鏡平山荘にチェックインを済ませる

「今夜は少し空いていて2枚の布団に3人寝て頂きます」との案内だったが

ラッキーなことに隣には泊まり客が現れず、1枚に一人で利用

合戦小屋のスイカじゃないが、こちらの山荘はかき氷が名高い

ご多分に漏れず練乳かけイチゴを頂くことに

一息ついたところで鏡池に行くと、雲間から槍が顔を覗かせ、池面にもうっすらとその容姿を映す

24727_114_2

今夏の最大の目的はこれだったのだ

24727_11524727_119_2


ただ、山荘の傍らにあるひょうたん池もまた山荘を映して趣がある

24727_122

今宵もまたジョッキ片手に…

24727_30124727_300 

« 逆さ槍を見てみたい 1日目  | トップページ | 逆さ槍を見てみたい 3日目 »

山歩記」カテゴリの記事

コメント

8739さん。

新穂高の無料駐車場は深夜1時過ぎの到着でもクローズです。
以前、私も鍋平にまわされて鏡平まででフラフラ、双六のテン場に着いた時は意識朦朧でした。

今はなき登山指導センター?跡の橋を渡った所の公共有料駐車場は6時間500円です。
つまり1日/2000円。
今回はそこにお世話になりました。

■鳥さん

公共?駐車場も横を通ると満車の表示が出され道ばたも路駐車でいっぱい
と言うことは、今回のmyルートだと駐車場代が5千円余りになりますね
下山後は幸いにロープウエイのところにタクシーが1台
これに飛び乗り1460円で鍋平に運んでくれましたよ

人気どころは駐車場に苦労しますね。
なにはともあれ、念願の風景に出会えてよかったですね。
それにたくさんの花と、幾杯かのジョッキと。

練乳かけイチゴのかき氷とジョッキの
ツーショットが微妙ですねー。

そのある方のブログの鏡池の写真、私が同行しました。
あの日は本当に素晴らしい天気で初めて行った私が こんなにええもん見ていいのかと
思いました。

8739さんも目標を達成出来て良かったですね
それにしてもシーズンはすごい車なんですね

■産六さん

考えが甘すぎたと反省しきりです
そう言えば、藤原岳に登るのに亀山オアシスで車中泊し
登山口の無料駐車場がいっぱいだったことも(汗)
少しは賢くならないと…
ま、逆さ槍も、花も見ることが出来たし
生も頂き申し分なしでした


■まっちゃん

そうでしたか
あの絵を見せられるとどうしても自分の目で確かめてみたくなりますよね
一日目は鍋平から新穂高まで予期せぬ歩きを強いられたので
それがツケとなったのかメロメロでしたし
下りでは足の踏ん張りがきかず、「ああ、もうアルプスはダメか」と
でも、多分来シーズンになると忘れていますよね
でないと……

やっぱり新穂高の無料駐車場は満杯でしたか。
停めれればラッキーだと言われました。

小池新道だったんですね。
鏡平のかき氷!
槍をバックにかき氷を撮った覚えがあります。(笑
テン泊装備で新穂高から双六まで上がって
寝不足でほとんどフラフラだったような。。。

双六分岐から笠ヶ岳の稜線はまだ歩いてないので
hanasakuさんのレポ参考にします。

■RYUちゃん

>停めれればラッキーだと言われました
そうでしたか
前日着いていたのですからその日のうちに駐車場の空きを待てばよかったのですが…
やはり下調べは大切ですね
弓折からの稜線歩きは、天気がよければ槍・穂を左に眺めながら楽しいのではないでしょうか
表銀座の時はずっと槍が見えたのですが…

どの山も混んでるんですね~。
それにしても生ビールがおいしそうbeer
縦走への活力ですねbeer

■あるぴょんさん

北アもまだシーズン初めだったので
一つの布団に二人とまではいかなかったので幸いでした
それにしても、我々と同じような中高年と言おうか高老年と言おうか多いですね
ビールはおっしゃるとおり活力源です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/46371878

この記事へのトラックバック一覧です: 逆さ槍を見てみたい 2日目:

« 逆さ槍を見てみたい 1日目  | トップページ | 逆さ槍を見てみたい 3日目 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31