« カトラ谷からタカハタ谷 | トップページ | 錦秋の奥大日~大日岳 1/2(その2) »

2012年10月 8日 (月)

錦秋の奥大日~大日岳 1/2

昨年の10月3日、紅葉の奥大日を目指し雷鳥沢から登り始めたが

積雪で道標の矢印が隠れ奥大日分岐を間違って直登してしまい剱御前へ

2時間+αのロスですごすごと雷鳥山荘へ引き返した

24.10.5(金) 奥大日岳(2605m)~大日岳(2501m)

いつものように前夜、亀谷温泉「白樺ハイツ」で一風呂浴び立山駅前駐車場に

241056_2_003241056_2_001

平日の夕刻とあって駅前駐車場はガラ空き

早速お泊まりの準備をし、明日からの青空と錦秋を願い「カンパ~~イ」

241056_2_007

明けて10月5日、昨夜の激しい雨も小雨に変わり何とか晴れてくれることを祈りケーブル切符売り場の列に並ぶ

ケーブル立山駅7:00=7:07美女平7:19=8:08室堂8:10~9:11雷鳥沢9:22~新室堂乗越10:00~12:00奥大日岳13:00 
(奥大日岳13:00~七福園14:40~15:00大日小屋15:10~15:30大日岳15:35~15:56大日小屋は次のレポに)

ケーブル始発が7時だというのに1時間前から切符を求め列が伸びる

241056_001

始発のケーブルとバスを乗り継ぎ称名滝から七曲りを経て室堂へ

241056_003241056_004

途中、ブナ平の巨木や称名滝を車窓から眺め

七曲りに差しかかると小雨に煙る弥陀ヶ原の紅葉が目に飛び込んでくる

241056_009241056_010   

室堂に到着し「立山玉殿の湧水」をプラティパスに詰めザックになおしていると

241056_017241056_020

水たまりでスッテンコロリン

「升酒がきいた」とのたまわっている

出だしから思いやられる

241056_024241056_023

地獄谷は有毒ガスが発生し立ち入り禁止になっているようだ

241056_027241056_028 

みくりが池温泉からミドリガ池を右下に眺めながら雷鳥荘を経て雷鳥沢へ

241056_034241056_037

雷鳥沢キャンプ場を横切り浄土橋を渡ると「魔の分岐」に差しかかる

241056_039
左行きの矢印が雪に埋もれ、加えて登山道が雪に隠れていたため直登してしまった

241056_041

新室堂乗越への登りではナナカマドが紅く色づき草紅葉もきれいだ

241056_043241056_046

雷鳥沢を眺めながら昨秋仕込んだ最後の干し柿で糖分補給を

241056_048241056_052

立山にはまだ雲がかかっているものの待望の青空が広がってきた

と同時に、目指す奥大日岳が段々と近づいてくる

241056_055

241056_061

稜線から右前方に剱岳が姿を現すと感嘆の声が漏れる

241056_064241056_063
   浄土山~雄山~大汝山~富士ノ折立~真砂岳

ガレ場をひと登りするともうそこに奥大日が

241056_069241056_076

12時 奥大日岳到着

241056_079

昼飯だぁ~

241056_2_027241056_2_029241056_2_028241056_2_030

剱岳に今一度登場願いレポは続く

241056_081         

« カトラ谷からタカハタ谷 | トップページ | 錦秋の奥大日~大日岳 1/2(その2) »

山歩記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
リベンジはやはり奥大日岳でしたか
たった3週間でこんなに綺麗な秋色の山に変わるんですね!
後半レポ楽しみです

■たかっさん

一年間待った甲斐がありました
立山全山が真っ赤に染まっていましたよ
紅葉のタイミングと天候がドンピシャでした

おぉ〜! リベンジですね。
ニュースでも放映しておりましたが立山はベストの紅葉シーズンでグットタイミングでしたね。maple

■まるちゃん

紅葉もお天気も大正解でした
帰宅してたまっていた新聞を手に取ると
立山ケーブルと紅葉が写真で紹介されていましたが
現場はこんな比じゃなかったです
待てば海路の…

登りにつれて、青空!
最高ですね。
今年は紅葉も素晴らしいとか、
ほんとうに奇麗な紅葉で、タイミングもバッチシですね。
ナナカマドの実も葉も奇麗です。

■産六さん

前夜は車の屋根をたたく雨音に
これはこれはと案じていました
早朝、立山駅に向かう際はカッパに身を包みザックカバーを付けたのですが
それも室堂では必要なくなりました
ホント、素晴らしい山歩きでした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/47207059

この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋の奥大日~大日岳 1/2:

« カトラ谷からタカハタ谷 | トップページ | 錦秋の奥大日~大日岳 1/2(その2) »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31