« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月26日 (水)

“6人乗りの新車に乗って仙人風呂でクリスマスを”

♪ 歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか

じゃないが、すっかり山歩きを忘れてしまった感のある今日この頃

またぞろグルメ…etc ネタでブログの頁を埋めてしまうこの寂しさは???

紀南地方では珍しいチェーン規制のかかったクリスマスイブ

R311号の小広峠を越え仙人風呂に向かった

近露の「古道歩きの里」を過ぎたころから国道脇の樹木は白く冠雪していたが

難所の小広峠はチェーンを巻くこともなく無事通過

24122425_00524122425_001_2


今回のキャッチコピーは

“6人乗りの新車に乗って仙人風呂でクリスマスを”

24122425_006


連休最終日(24日)とあってか、それとも余りにもの寒さでか

温泉には先客がほんの数名

立ち上がると寒いのでいつまでも湯船?から出ることが出来ません

勇気を振り絞って浴衣を羽織り、一目散に内湯へドボン

温まります 川湯の泉質はホント素晴らしい

温まったところで久しぶりの熊野牛のステーキに舌鼓

24122425_00824122425_011

24122425_014


肉料理にはやはり赤ワイン

とは言うものの白ワインもしっかりと頂きました

明けて25日の早朝も変わらず気温が低い

仙人風呂に行く勇気もなく内湯でまったりと朝食までの時間を過ごす

朝食後、これも久しぶりの本宮大社に参拝

昨年9月の豪雨の際に「世界遺産 熊野本宮館」の真新しい建物が70cmも浮き上がったという

24122425_01824122425_020


24122425_022 屋根の葺き替え工事の終わった本殿に参拝

境内には八咫烏が天井に舞い降りた黒いポストが寂しげに建つ

昔からポストは赤いものと相場が決まっていたような気もしないではないが

本宮を後に、一路昼食会場に向かう

24122425_024

そう、好きなんです

こちらのお店

ランチのAセットとBセットをそれぞれ3セット

24122425_02724122425_028

これで今年も思い残すことはない

輝かしい新年が迎えられそうだ

2012年12月17日 (月)

日本家屋をそのまま活かしたフランス料理店

こちらのお店にお邪魔すると居心地がいいというか

何故か落ち着くんです

241216_55bdin_001

そう、女性シェフの繊細な味と心配りの行き届いたオーナーがもてなしてくれる店

「パリゴー」

クリスマスを控え店内にはいつもながらのクリスマスリーフが飾られています

241216_55bdin_002

そう言えばマスター、いつだったか鍋釜やペットを飾っていたこともありましたよね

201216th_0041181216_0231_2

さて、前菜に始まっていつものように料理が運ばれてきます

温かい料理は温かい器に

冷たい料理は冷たい器に

241216_55bdin_003_2241216_55bdin_005241216_55bdin_006241216_55bdin_008


241216_55bdin_009241216_55bdin_011241216_55bdin_015


おっと、デザートが出される前にシェフからのプレゼントが

241216_55bdin_012

いつもながら楽しいひとときを有難うございました

2012年12月 9日 (日)

吹雪の明神平

一ヶ月前にゴロゴロ水を汲みに行った際、みたらい渓谷を少し歩いて以来歩いていない

花便りではないが、ちらほら樹氷の便りが聞こえてくるようになって来た

、で思いついたのが草紅葉と積雪が印象的だった明神平

11

24.12.8 明神平

24128_001 大又林道終点駐車場7:55~登山口8:27~明神滝下9:07~上~水場9:58~あしび山荘10:11~明神滝11:49~12:53駐車場

天気が芳しくないからか先客が2台でいつになく静かな駐車場だ

いつもながらイヤ~なコンクリート舗装道を登山口に向かう

途中、道ばたにはつららが下がり凍結も見られ樹氷が期待出来る

24128_004

24128_005_2

登山道が始まる直前、以前もそうだったが出水による道路崩落により林道は無残な姿をさらけ出している

24128_00724128_008

歩き出し、初めての渡渉箇所に差しかかる

ここ明神平には都合5~6カ所の渡渉部がある

24128_01424128_015

駐車場を出て1時間余り、明神滝下に到着

まだ凍結することもなく水が流れ落ちている

24128_020

いつものことながらこちらで行動食のバナナをほおばり再び歩き始める

橋梁が崩落したところの渡渉はなかなか手強い

24128_026

ここを過ぎると好きな九十九折れの登山道に

積雪もいい感じになってきた

24128_02824128_030

水場で2㍑のプラティパスに水を補給しやがて明神平に

24128_031

どんよりとした雲間に青空も覗き、天気の回復が期待できる

しかしあしび山荘周辺は吹き飛ばされそうなぐらい強い風が吹き

山荘を風よけに早めの昼食をとることとする

24128_036

この時期の温かな食べ物は有り難い

そうこうするうち一面が猛吹雪となり、早々と食器を片付け逃げるように明神平を後にする

吹雪は顔面も容赦なく襲い、口元はネックウォーマーで防いでいるものの目も開けていられない状態

雪が足音をも消してしまい、振り帰ると後ろを歩いているはずのhanasakuばぁの姿が見当たらない

「お~~~い」と大きな声で呼んでみた

すると背後霊のように真後ろから「はい」と

フードを目深にかぶっていたため直近が視界に入らなかったのだ

24128_03924128_7

九十九折れに来てやっと風も和らぎほっと一息

それに気が緩んだのか渡渉の際に二度、川に足首までドボンした御仁が一人

やっとのこと駐車場に戻ると、ザックを下ろすことなくあしび山荘からピストンしてきたという方が到着

吹雪いた時の怖さを初めて体験した明神平だった

やはた温泉で冷えた体を温め、モンブランのラペッシュが満席だったためスプーンに立ち寄り帰途に

2412824128_2    

2012年12月 3日 (月)

花園詣で

第8節を終えて7勝1分けでサントリーに次いで2位につけている

我がコベルコスティーラーズ

今シーズン2回目の観戦を薄曇りの花園ラグビー場に

24122_ntt_00524122_ntt_007

第9節は12月2日(日)13時にNTTコミニケーションズを相手にキックオフ

24122_ntt_00924122_ntt_011

開始2分にはSOピーター・グラントがPGを決めさい先良い滑り出し

しかし、初ラインアウトはmyボールをきれいに確保出来たが

その後はことごとく相手陣にプレゼント

24122_ntt_013

24122_ntt_014

ゲームは7分にWTB大橋がトライを奪いゴールキックも決まって加点していく

前半を終わって20-5で危なげない試合運び

ハーフタイムにはマスコットのコーロクンもバックスタンドに来て元気に応援

24122_ntt_032   

後半はいいところなく自陣でのしのぐ場面が多く見られたが

25分にFB正面がトライを決め、後半だけで4トライを奪う猛攻

ゴールキックもパーフェクトに決まり48-5の楽勝

24122_ntt_049

いよいよ次節から上位陣との厳しい戦いが始まる

ところで、前半の35分にハプニングが

神戸製鋼のジャージは赤、NTTは黄色

その中に突如黒のジャージを着た男が乱入??

24122_ntt_02424122_ntt_02524122_ntt_02624122_ntt_028

キャップテンFL橋本のジャージが破れたもので

新しいユニホームが届けられた時には観客席から思わず拍手が起こるという場面も   

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31