« 花園詣で | トップページ | 日本家屋をそのまま活かしたフランス料理店 »

2012年12月 9日 (日)

吹雪の明神平

一ヶ月前にゴロゴロ水を汲みに行った際、みたらい渓谷を少し歩いて以来歩いていない

花便りではないが、ちらほら樹氷の便りが聞こえてくるようになって来た

、で思いついたのが草紅葉と積雪が印象的だった明神平

11

24.12.8 明神平

24128_001 大又林道終点駐車場7:55~登山口8:27~明神滝下9:07~上~水場9:58~あしび山荘10:11~明神滝11:49~12:53駐車場

天気が芳しくないからか先客が2台でいつになく静かな駐車場だ

いつもながらイヤ~なコンクリート舗装道を登山口に向かう

途中、道ばたにはつららが下がり凍結も見られ樹氷が期待出来る

24128_004

24128_005_2

登山道が始まる直前、以前もそうだったが出水による道路崩落により林道は無残な姿をさらけ出している

24128_00724128_008

歩き出し、初めての渡渉箇所に差しかかる

ここ明神平には都合5~6カ所の渡渉部がある

24128_01424128_015

駐車場を出て1時間余り、明神滝下に到着

まだ凍結することもなく水が流れ落ちている

24128_020

いつものことながらこちらで行動食のバナナをほおばり再び歩き始める

橋梁が崩落したところの渡渉はなかなか手強い

24128_026

ここを過ぎると好きな九十九折れの登山道に

積雪もいい感じになってきた

24128_02824128_030

水場で2㍑のプラティパスに水を補給しやがて明神平に

24128_031

どんよりとした雲間に青空も覗き、天気の回復が期待できる

しかしあしび山荘周辺は吹き飛ばされそうなぐらい強い風が吹き

山荘を風よけに早めの昼食をとることとする

24128_036

この時期の温かな食べ物は有り難い

そうこうするうち一面が猛吹雪となり、早々と食器を片付け逃げるように明神平を後にする

吹雪は顔面も容赦なく襲い、口元はネックウォーマーで防いでいるものの目も開けていられない状態

雪が足音をも消してしまい、振り帰ると後ろを歩いているはずのhanasakuばぁの姿が見当たらない

「お~~~い」と大きな声で呼んでみた

すると背後霊のように真後ろから「はい」と

フードを目深にかぶっていたため直近が視界に入らなかったのだ

24128_03924128_7

九十九折れに来てやっと風も和らぎほっと一息

それに気が緩んだのか渡渉の際に二度、川に足首までドボンした御仁が一人

やっとのこと駐車場に戻ると、ザックを下ろすことなくあしび山荘からピストンしてきたという方が到着

吹雪いた時の怖さを初めて体験した明神平だった

やはた温泉で冷えた体を温め、モンブランのラペッシュが満席だったためスプーンに立ち寄り帰途に

2412824128_2    

« 花園詣で | トップページ | 日本家屋をそのまま活かしたフランス料理店 »

山歩記」カテゴリの記事

コメント

早めに食事を済まされてよかったですね。
吹雪はホント怖いです。
スキー場のゲレンデに居てもどこに居るのか分からなくなりますね。
高見山は避難小屋があるので一息付けますが、
武奈で吹雪に遭ったときは頂上に1分と居られませんでした。
広いところで・・・と思うと・・・。

吹雪の山は視界を遮られ怖いですね。
その中の渡渉も大変だったでしょうね。

吹雪の明神平お疲れさまです。寒いどころの話じゃなかったでしょう!
我家も寒い痛いの明神平は経験してますが、じっとしていられないですからね。
さて、昨日ついに最強の山道具を手に入れましたへへヘッ~

■産六さん

初めての経験で、少なからず恐怖を覚えましたよ
コッフェルを早々に片付け
一目散に下山しました
たかが明神平となめてはいけません


■まるちゃん

服の方は完全装備だったのですが
ゴーグルがなく目が開けていられない状態だったのが大変でした
渡渉は慎重にさえ渡れば良かったのですが…


■たかっさん

あの草原の吹きさらしはただ者じゃないです
これまでもあしび山荘横や近大小屋の裏で
寒さをしのいで食事をしたことがあるのですが
これほどまでの体験は初めて
いい経験をしました
心残りは背高のっぽのモンブラン(笑)

で、JPS?

あらま、吹雪かれましたか・・寒そうです・・
13日に明神平は、もうすっかり雪景色でしたヽ(^Д^*)/
hanasakuさんが行かれた9日から降り積もった雪、前山で20~30センチ。
もちろん、霧氷も素晴らしく・・
さあ、本格的な霧氷シーズン、今年も聖地、明神平に詣でましょうねーー!!
・・って、他に行くとこないしぃ・・・ (;´_`)

■ルネさん

なんともまぁ 大変でした
逃げるようにとはまさしくこの事かと…
九十九折れに来てやっと一息つけましたよ
明神平とて侮れませんね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/48138169

この記事へのトラックバック一覧です: 吹雪の明神平:

« 花園詣で | トップページ | 日本家屋をそのまま活かしたフランス料理店 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31