« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月12日 (火)

雪のない金剛山

ここ最近、観音平、高野山・転軸山と雪とは無縁の雪遊びが続く

三度目の正直ではないが、淡い期待を抱いて郵便道を金剛山に向かった

25. 2.11(祝) 金 剛 山 (1125m) 

高天彦神社9:43~高天滝9:52~地蔵さん10:47~天剛水11:20~ダイトレ出合い11:35~一の鳥居11:40~12:00山頂13:00~一の鳥居13:10~14:40高天彦神社

近くの山は朝ドラ“純と愛”を見てからの出発なのでどうしてもスタートが遅れる

この日も郵便道の登山口「高天彦神社」を出発したのが10時間近になってしまった

高天滝を経て植林帯を進むも一向に雪が姿を現さない

郵便道名物の500段の階段に差し掛かって両脇にうっすらと

登山道には凍結が現れる

25211_00625211_007_2


先日ゲットしたモンベルの「チェーンスパイク」

25211_009


これがなかなかの優れものでよく氷を噛んでくれる

しかし凍結も493段の階段のみで一の鳥居では無用の長物

ザックにひっさげて山頂広場に

雪はないが大変な人出で、わずかに空いたベンチを見つけ本日は“豪華餅入り肉うどん”

25211_01525211_016


温度計は氷点下1℃を示し、温かい食べ物がことのほか旨い

腹が膨れたところで広場を後にし、国見城跡で証拠写真?をコンデジに納め下山

25211_017


ダイトレの郵便道分岐で単独行のshoさんから

「階段を下るのはおもしろくないので違うルートはどうですか」とのお声かけでご一緒させて頂くことに

郵便道に並行したルートで、階段はなく尾根筋の自然道が続く快適ルートだ

堺の方のようだが、ネットでなじみの方々が会話の中に次々と登場する

山談義を交わしながら高天彦神社までご一緒し、お礼を言って分かれる

金剛山の主の方のようだった

我らは芋の子を洗うような「かもきみの湯」に浸かり、帰途に

2013年2月10日 (日)

転軸山でそり遊び ・ ・ ・ のつもりが

一昨日来の冷え込みでたっぷりの雪が見込める

三連休の初日、MIE&TAIと高野山の転軸山に向かった

だが高野山の大門を過ぎても、道路上に積雪はない

寺院の屋根にうっすらと見ることが出来る程度

転軸山旧スキー場では雪面に草が顔を出し無残な様相を示している

20130209_1045231
しかし、子供達は大きな声を出し雪遊びに講じる

2529_005
TAIの方はそりには目向きもせずもっぱら雪遊び

2529_011
思うようにそり遊びも出来ず早々に昼食タイム

本日は地鶏のすき焼き

2529_014
お腹が膨らんだところで更に雪遊びを

2529_0342529_036

もう一度ぐらいは行く機会があるかな?

20130209_1038541   

2013年2月 8日 (金)

くみ置き水が底をついた!

前回の水汲みが11月6日だから

3ヶ月で20㍑10缶を空にしたことになる

TAIを幼稚園に送り和歌山を出たのが8時半過ぎ

虻トンネルを抜け観音峰登山口駐車場についたのが11時

来る道もそうだったが周辺には雪のかけらもない

25. 2. 7(木) 観音峰展望台

2527_002

駐車場11:13~観音の水11:24~11:35第一展望台11:37~12:03観音平東屋12:08~12:28観音峰展望台12:39~観音平12:53~観音の水13:17~13:26駐車場

20130129_0607311


遅い出発となったが本日はサクッと観音峰展望台をピストンするだけ

観音の水で喉を潤し、第一展望台から観音平に向かうがまるで雪がない

今回の洞川はごろごろ水を汲みに行くことが主目的だが

先日ネットショップでゲットしたチェーンスパイクを履いてみたい、も大きな目的

このアイゼンなら長靴の上からでも付けられる

ところがいかんせん雪が ・ ・ ・ ・

観音平で10数名のグループと出会ったが後は静かな山歩きで

観音峰展望台に辿りつくも一面ススキの原

2527_011

いつもなら冠雪した稲村岳や大日が勇姿を見せてくれるのだがそれも雲の中

気を取り直して自家製串柿で糖分を補給

2527_0152527_018_3


さて、腹も減ったし展望台を早々と退散し登山口駐車場に

登りは1時間15分かかったが下りは50分足らず

これも空きっ腹のなせる技か??

登山口東屋でチキンラーメンの昼食

豚肉やキャベツ、生卵をトッピングするとこれが旨い

本日のメーンイベント「ごろごろ水」の水汲み

さすが冬場の平日とあって蛇口を三っつばかし占有

2527_026

瞬く間に10缶が満タンに

前回の水汲みで見つけた下市の「名水館」で一風呂浴び帰途に

吉野からの帰途は勿論お決まりの五條「スプーン」へ

20130207_1640561

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31