« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月24日 (日)

串カツ~焼き肉、そして焼き鳥を

初めてご一緒したのは2011.8.27の新世界「だるま」

本場二度漬け禁止の串カツ屋へ行ってみたいと食通のまるちゃんにおねだりし実現した

23827_017

翌12年の9月には、「鶴橋で焼き肉を食べてみたい!!」と訴え「白雲台」

2498_002

そして、今回は伏見の酒蔵で焼き鳥を…

いつもいつもわがままを聞いて頂き有難うございます、まるちゃんhideさん

25323_010 ということで昨日(23日)京都市伏見区へ

でも、折角電車に乗って京都まで行くのにブラリしない手はないと

先ずは京都府庁旧本館で開かれている「観桜祭」会場へ

20日に朝刊で案内されたところだ

25323_001

1904(明治37)年に完成した建物で、現役の官公庁舍としては日本最古で国の重要文化財に指定されている

こちらの中庭に6本のしだれ桜が咲き誇るという

25323_00725323_005

京都の治安維持にあたった会津藩主・松平容保(かたもり)公にちなんだ山桜

容保桜は残念ながら「蕾み膨らむ」状態だった

係員の方から「御苑の1本桜も咲いているらしいですよ」と教えられ京都御苑へ

25323_016

こちらは桜よりまだまだ梅の花が観梅客を集める

25323_012

25323_01325323_014

教えられた1本のしだれ桜の周りには多くの人が集まっている

確かに見事だ

25323_01825323_019

唯一咲き始めたソメイヨシノにも人集りが…

25323_02225323_024

ボチボチ集合時間が近づいてきたので地下鉄、近鉄、京阪を乗り継ぎ

中書島駅へ

さすが伏見の玄関口、駅舎には名だたる蔵本のコモ樽が飾られている

25323_025

駅舎に備え付けられた「散策マップ」のモデルコースに従い先ずは長建寺へ

25323_03025323_027

赤い土塀と中国風の山門が珍しい

25323_02825323_029

山門前には宇治川の派流が流れ、蔵元の板塀とマッチしている

25323_032

川端に桜が咲き競うと同時にライトアップが始まり、観光十石舟が行き交うという

この時期にRTでひとっ走り来てみたい

さて、伏見と言えば酒蔵街

25323_04725323_033

今宵のお食事処「鳥せい本店」もこの一角にあり、酒蔵を利用して焼き鳥屋を開いている

25323_03425323_049

まだ15時過ぎだというのに空席待ちの人が道ばたに腰を下ろす

純米酒「神聖」を試飲(と言っても小さいグラス一杯300円だった)し、さらに酒処を回る

25323_04625323_035

伏見と言えば欠かせない観光スポットがこちら

25323_03725323_044

明治維新の立役者、坂本龍馬が身を寄せた船宿で、寺田屋騒動の際に残されたと言われる刀傷や龍馬が滞在した部屋などが展示されている

25323_04125323_042

再び鳥せい本店に戻りメンバーがそろうのをしばし待って「いざ」

まるちゃんが蔵を利用した座敷を予約してくれており、ゆったりと焼き鳥に舌鼓を打つ

では、焼き鳥の数々を(スマホ撮影で旨く写せていません)

25323_051_225323_053_220130323_174227

20130323_172537_220130323_18144520130323_183905

またぞろ、「次は大山のペンションに泊まってみたいな」とおねだりしてしまった               

2013年3月20日 (水)

桜が咲いた

一週間ほど前、近くの公園に散歩に行ったhanasakuばぁが
公園の管理事務所が桜の木を剪定中の現場に出会い
切り取った枝を分けて頂いた
20130316_211947
花瓶に活けられた枝は
明日にも開花しそうな大きな蕾がいっぱい
紀三井寺の標本木が数輪の花をつけ
和歌山での開花が宣言された翌19日

三分咲きと言ったところか
25320_00325320_002
そして、今日
とうとう狭庭での桜見と相成った
25320_005
TAIを誘って近くのジョ○パからピアッツァをチョイスし
今シーズン初めての桜見を
25320_009 

2013年3月17日 (日)

再び大宇陀へ

先週の大宇陀でのワイン会の際、

「宇陀松山華小路」なるイベントを教えて頂いた

路地にダリアの花を敷き詰め町おこしをはかるという

        (宇陀松山華小路実行委員会のFBから借用しました)

車検が上がった愛鉄馬RTに跨がり先週に続き大宇陀へ

ところが、本日は「宇陀産ダリアで染めものを」という催し

路地に花を敷き詰めるのは10月だという

とんだ早とちりである

折角なので染めもの教室を少し覗かせて頂いた

25310_00425310_00225310_001

教室が開催されていた “まちなみギャラリー石景庵”の近くに歴史文化館「薬の館」がある

聞くと藤沢薬品の発祥の地らしい

25310_01525310_00725310_008

25310_00925310_01025310_014

次に向かったのが「森野旧薬園」

家業の吉野葛製造の傍ら、薬草を栽培し研究していたという

とりわけ園内に自生するカタクリが富に有名だ

25310_02525310_02825310_024

広い園内を歩いて回るがカタクリノ開花には少し早いようだ

静かな園内には薬草研究のための山荘が数棟

25310_034_225310_031_225310_030_225310_029_2   

薬草園を後に松山伝統的建造物保存地区をブラリ歩いてみる

25310_00625310_035

25310_01625310_02025310_021

25310_01925310_036

ダリアの花は残念ながら次の機会に回し、桜井から部分開通した京奈和の大和高田を走り帰途に

【本日の走行距離】 198km              

2013年3月11日 (月)

“件” ワイン会

一昨年11月「秘密の鹿肉パーティ」にお誘いを受け大宇陀の町を訪れた

そのお店「件」から今度はワイン会を催すので9日(土)17時集合とのお声がかかった

午前中に野暮用を済ませ、先ずは大宇陀温泉「あきのの湯」で下ごしらえ(何の?)

Photo_22539_004


前回は餅つき大会が開かれ、この日も淡い期待を抱いての入浴だったが叶わず

さて、「件」

大宇陀の町おこしの一助にと、Iターンで大和牛を使った牛丼店を営むお店

本日の参加者は生駒からお越しのドカティライダー婦人(ライダーは風邪のため欠席)

宇陀松山華小路実行委員会会長ご夫妻に宇陀松山の造り酒屋若奥さん

それに今宵のために東京から果て参じてくれたソムリエさん

サイドテーブルには内外のワイン白4本、赤3本が並べられています

2539_001

左から

蔵王スター12…葡萄のほのかな甘みを感じる爽やかなワインで、乾杯にお薦め

続いて、アルラム11(オーストリア)、ブノワ・ダリダン(フランス・ロワール)、ダリオ・プチンチッテ(イタリア・フリウリ)と白が続きます

特に琥珀がかった色合いの重みのあるイタリアワインが好みでした

次に赤は、ココファームの農民ロッソ、ダール・エ・リボ(フランス・ローヌ)、ミッシェル・サラザン(ブルゴーニュ)

それではいただきましょう

料理は《和の器》(ワケギぬた、菜の花のお浸し、青梗菜の春雨炒め)から始まります

2539_007_2

《スモークサーモンとマッシュポテトの器・季節の野菜のパン》

《鹿肉のシチュー》

2539_008


2539_009


いずれも美味です

白身魚と里芋のとろろ仕立て《椀のもの》

2539_012

これからが本日のメーンとも言える《春野菜の天ぷら》の揚げたてが次々と運ばれます

2539_0152539_017_22539_0182539_019


椿の蕾み、すいば/ヤーコン、宇陀ゴボウ/レンコン、しいたけ/フキノトウ、セリ

「件」と言えばやはり《鹿肉ステーキ》です

2539_021

この辺でワインがボツボツ底をついてきました

造り酒屋の若奥さんがおもむろに風呂敷包み解くと

白濁した清酒の生酒が…

2539_023

これがまた美味しいだなぁ

料理はまだまだ続きます

《ライスコロッケ》 《柚子の葛あんかけ茶碗蒸し》

2539_0242539_0292539_028


最後にお茶とお菓子が出されたよう??ですが写真にも記憶にもありません

Photo_3


いつものように道の駅で爆睡し、五條スプーンでモーニングをいただき帰途に

途中、「わかやまオープンガーデン」に参加されている旧打田町のお宅のクリスマスローズを見せていただいた

2539_0342539_0352539_0362539_037


2539_0382539_0392539_0402539_041


いつ見せていただいても素晴らしく育てられている

【本日の戦利品】

2539_032

2013年3月 3日 (日)

おまわりさんの音楽隊

2532_003

子供が低学年の頃だったから、昭和50年代半ばか

和歌山城の一の橋を渡ったところの噴水前で

和歌山県警音楽隊の「たそがれコンサート」をよく聞きに行ったものだ

その後場所は近代美術館のエントランスに変わったものの

営々と続いている

その和歌山県警音楽隊が発足して50周年

2日、ハートフル・コンサートが市民会館の大ホールを満席にして開かれた

2532_0052532_008

カラーガード隊とのマーチングで第1部が幕開け

♪フライミー・ツゥー・ザ・ムーンやマーチングの定番 ♪星条旗よ永遠なれを

軽快なリズムで聞かせてくれる

第2部はハートフル・ステージで

2532_0132532_014

フルートの独奏による ♪君の瞳に恋してるや

日曜夕の朝日放送「小林大作のメモリーズ・オブ・ユー」のオープニングで流れる

♪メモリーズ・オブ・ユー がクラリネットのソロで

さらにこれまでの演奏活動から抜粋した「思い出の歌謡アルバム50周年セレクション」で懐かしいメロディーが流れる

♪川の流れのように ♪修学旅行 ♪(東京)オリンピックマーチ

♪UFO ♪赤いスィートピー

2532_023

本日司会を担当した歌手の山口智世さんも坂本冬美の

♪あばれ太鼓 ♪また君に恋してる

を声量ある歌声で共演

2532_0312532_028

ところで県警音楽隊は20名の隊員と6名のカラーガード隊で構成されている

2部が始まってしばらくして演奏している人数が20名を超えているのに気づき

プログラムをよく見るとカラーガード隊がトロンボーンやサックス、パーカッションなどの奏者も兼ねている

さらにクラリネットでベニーグッドマン・メモリーズをソロ演奏した福本さんは3部の司会をも兼ねるという超省エネスタイル

さて第3部は奈良県警音楽隊とのジョイント・ステージで

ビートルズナンバーや ♪エル・クンバンチェロが

あっという間の二時間余りだった

有難うございました

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31