« アイアンホース 角島ツーリング 1日目 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2013年5月31日 (金)

アイアンホース 角島ツーリング2日目

25.5.18(土) 新門司~角島大橋~秋吉台~三次

新門司港=めかりPA=毘沙ノ鼻=角島大橋=秋吉台=松江道=三次市

阪九フェリー「つくし」が定刻6時に新門司港の岸壁に接岸

バイクを駐車した位置から前方の下船口は明かりすら見えない

これは下船に相当時間を要するだろうと話していたが、案外スムーズに下船でき、門司ICから九州道に入り関門大橋の門司側付け根にある「めかりPA」へ

255_19255_18

先行した1名も合流し、全員(8名)が7時からのモーニングの開始を待って朝食

食後、下関ICを下りR191で本州最西端の地「毘沙ノ鼻」に向かう

255_21255_23


岬は駐車場から歩いて5分程度、日本海を見下ろす高台に有り、全員で記念撮影ししばらく休憩の後、次の目的地に向かう

今回の主目的だった角島大橋には9時30分頃到着し、早速憧れのビュースポットへ

255_7


255_4

素晴らしい、の一言に尽きる

255_3

これまで数多くのレポを見てきたが、我が目で見る大橋は白砂と透き通った日本海とがマッチし言葉に言い尽くせない

海士ヶ瀬公園から大橋を渡り対岸の駐車場に駐車するも景観的には本土側からの方がよく、再び大橋を戻りR191から次の目的地へ

255_9


カルストロードの途中にある駐車帯に着いたのが11時30分頃

写真撮影を済ませ秋芳洞入り口近くにある台観望合歓店で名物「ぜんじかっぱそば」の昼食

20130518_1214191
わさびを練り込んだ蕎麦を鉄板の上で焼き上げ、味付け牛肉、のり、錦糸卵、キューリをトッピングし温かい特製ダレでいただく

なかなかの味だ

昼食後、最後の目的地である本日のお泊まり処「皆生温泉 東光園」へ向かう ・ ・ ・ ・ ・ つもりだった

秋吉台ICを入り中国自動車道美東SA、安佐SAで休憩の後、三次JCTから今年の3月30日に開通した松江道を北進

JCTから27.4kmの地点で前から5番目を走っていたメンバーの一人が、突然ガードレールに擦り寄り接触転倒

あまりにも突然の、そしてあっという間の出来事だった

後方を走っていて何ら手を差し伸べることができなかった

平成25年5月18日 16時5分 帰らぬ人となった

ここに改めて故人のご冥福をお祈りする

(痛ましい事故を風化させないためにも、敢えて当ブログにアップするすることとした)

現場での安全の確保、救急隊のお手伝い、現場検証の立ち会い、三次中央病院での対応等、急遽三次市内に確保したホテルに引き上げたのが23時頃

翌(19日)早朝、故人の奥さんから「搬送の手配が整い和歌山に向かっている」旨のメールが届き、雨の降りしきる中、細心の注意を払いながら帰途についた

« アイアンホース 角島ツーリング 1日目 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

RT記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/51790173

この記事へのトラックバック一覧です: アイアンホース 角島ツーリング2日目:

« アイアンホース 角島ツーリング 1日目 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31