« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月23日 (日)

紫陽花をはしご

今シーズン、6月3日の有田の石垣尾神社~仁平時に始まり、13日の三室戸寺

そしてこの日、21日(金)は根来の「和歌山県植物公園緑化センター」へ

250621_32

受付で免許証を提示すると入場料が無料?となる有り難い制度に気をよくし

雨に煙る中、園の一番奥にあるアジサイ園に一目散

250621_20250621_14

やはりアジサイは雨によく似合う

クラブハウスにあった「あじさいは6分咲き」との表示の通り

満開まではあと少しといったところか

250621_3250621_8


250621_4250621_6250621_9

アジサイ園を一周し、ハスの開花状況を確かめにハス池へ

250621_26250621_27250621_28

7月末の土日(27、28)と8月初めの土日(3、4)に

ハスの開花に合わせて早朝の6時30分に開園するそうだ

明けて22日(土)

橋本の「恋し野の里」アジサイ園へ

250622_7

23日(日)にあじさい祭りが催されるようだ

250622_8250622_11

青系統アジサイが今が盛りと咲き誇っている

タイミング的に少し早かったり、晴天が続いて元気がなかったりと

花の開花に合わせるのは難しい

2013年6月19日 (水)

ササユリの大福山

25. 6.18(火) 大 福 山 (427m)

大同寺登山口9:34~葛坂9:51~岩神山分岐10:06~10:35奥辺峠10:46~11:13大福山12:04~俎石山12:19~北展望台12:21~大福山12:39~13:04奥辺峠13:11~岩神分岐13:35~14:01登山口

5月末の龍門山で蕾が膨らみかけたササユリを見かけた

山頂にネットで保護されたササユリ畑がある大福山はどうだろうと…

大同寺駐車場を出発し20分程で紀ノ川が一望できる開けた箇所に着く

250618_5
少しもやっているがいい眺めだ

歩き始めて30分程して第一ササユリ発見

花びらが散り、時期既に遅しと少々落胆

しかし、さらに進むと大きな蕾を持つ一本に遭遇

250618_8250618_43

ちなみに、左が登山時で右が下山時

少し開花が進んでいる

250618_9

“第一ササユリ発見”箇所から奥辺峠にかけて随所に可憐な花を見せる

250618_13250618_14_2

250618_15250618_18

まさにササユリ銀座だ

山頂のササユリ畑は今が盛り

250618_23250618_24250618_27

山頂でいつもの「サッポロ一番しょうゆ味」を頂き、俎石山へ足を伸ばす

250618_30250618_34

関空も少しかすんでいるが眺望抜群の北展望台だ

再び大福山に戻り、奥辺峠を経て下山

250618_40
金剛山のニリンソウ(5/2)に始まり、大和葛城山のツツジ(5/16)、金剛山のクリンソウ(5/25)、龍門山のキイシモツケソウ(5/31)、そしてこの日のササユリ

近場での花観賞ハイクは開花時期がほぼ的中した

次は、高山植物???

2013年6月18日 (火)

大賀ハスはどうだろう?

250617_5

先週末訪れた「紫陽花の寺 三室戸寺」で開花間近の蓮を見

美浜町の大賀池はどうだろうかとRTに跨がった

蓮の開花は朝の8時ぐらいまででないとダメとのことで

少し出遅れたが7時に家を出、8時半に大賀池に到着

250617_1

全体的には5分咲ぐらいだが、きれいに開花している花も見受ける

250617_4

のんびりと日向ぼっこをするカエルを眺めながら池を一周

250617_7250617_9

大賀池を後に阿尾~産湯から原谷~鹿ヶ瀬峠を越えほたるの湯へ

250617_1_2


残念ながらこちらの池はまだ少し早かったみたい

それに以前にはなかったフェンスが池の周囲を囲っている

安全対策上致し方ないのだろうが他に方法はなかったのだろうか

帰途はR42で

【本日のRT走行距離】  149km

2013年6月14日 (金)

紫陽花の寺 三室戸寺

以前から行ってみたいとこリストに書き留めていた宇治市の三室戸寺へ

250613_21

4,5日前に“うさぎ猫♪”さんがFBで「咲き始めてました」と情報提供

この日(13日)の朝刊社会面でも7~8分咲きと報じられRTでひとっ走り

近畿道~第二京阪~京滋BPと乗り継ぎ宇治西ICで下りるとすぐ

「二輪は通路においてください」との案内を受け、カラー舗装し行灯を並べた通路に置かせて頂く

250613_1250613_2

新聞ではライトアップの試験点灯が報じられていたが、行灯もその一環のようだ

アジサイ畑を右手に見ながら山門をくぐり石段を登ると本堂に

250613_4250613_5

本堂前のハスはつぼみを大きく膨らませ開花を待っている

本堂から三重の塔(阿弥陀堂)を巡り池泉へ

250613_7
250613_8250613_9

さて紫陽花

マスコミ報道どおり現在7分咲きといったところか

特に赤系統開花はまだ先のようだ

250613_11

250613_13

住職が「アジサイも雨が待ち遠しそう」と漏らしたように

花にも葉にも元気がない

やはりアジサイには雨とカタツムリがよく似合う

250613_20


三室戸寺を後にネット検索でヒットした宇治・小倉駅近くの「ピッコロ バンビーノ」でランチ

帰途は時間もあったので京奈和道の進捗状況を見てみようとR24で

城陽市を始め途切れ途切れだがそこそこ開通している

これが西名阪郡山までつながると便利になるのだが…

【本日のRT走行距離】  266km

2013年6月 9日 (日)

シロヤシオを求めて奥駈を歩く

行者還トンネル西口前の駐車場は早朝からいつも満車

25068_46ならば前日から近くで泊まっておこうと道の駅「黒滝」へ

オオヤマレンゲの頃だったか、同じように黒滝で車中泊したときには

背後に流れる川辺にホタルが乱舞し楽しませてくれた

淡い期待を抱きながら先ずはカンパ~~イ

25. 6. 8(土) 行者還岳(1546.2m)

行者還トンネル西口登山口6:16~三角橋6:21~7:17奥駈出合7:34~一ノ多和8:09~しなの木出合8:16~行者還小屋9:25~10:00行者還岳10:05~10:35小屋11:24~しなの木出合12:34~13:20登山口

昨夜は何度となく車の出入りで目を覚まされたが、結局10数台が黒滝に車中泊したようだ

5時半前に黒滝を出、西口前駐車場に到着

トンネル前は既に満車で一段下の駐車場に愛車を停める

隣に停めた方から「シロヤシオはもう散っているらしいですよ」「今日はクサタチバナを観に行きます」と

とは言え「何本かはまだ残っているはずだ」とかすかな望みを託し登山口に

25068_4825068_49

三角橋を過ぎると急峻な登りが続く

わずかに残ったシロヤシオを眺めながら約1時間で奥駈出合に到着

弥山・八経ヶ岳に向かう多くの登山客を見送りながら我らはマッタリとモーニングコーヒータイム

25068_5525068_56

結局、奥駈道を行者還岳方向に向かったのはhanasaku隊のみ

さて、ここからの奥駈道が大峰でもとりわけ大好きなところ

25068_125068_3

特に新緑の時期には登山道脇にバイケイソウが茂り彩りを添える

25068_13

シロヤシオも落花盛んとはいえまだまだ見頃の花も残っている

25068_625068_7

デジカメを片手にいっこうに足が進まない

25068_1625068_71


弥山・八経ヶ岳を左手に眺めながら一ノ多和、しなの木出合を過ぎると右手前方に大普賢、小普賢が姿を現す

25068_2125068_27

シロヤシオは奥駈道の両側にまだまだ続く

25068_2425068_26

シロヤシオに変わって現れたのがクサタチバナ

ヤマシャクヤクは既に落花していたがクサタチバナは今が盛り

25068_3225068_29

花畑を巡るうちに正面に目指す行者還岳が姿を現す

25068_3525068_36

行者還岳小屋はパスし、まずはピークを往復することに

水場から七曜岳分岐までは梯子が連続する難所だ

25068_8525068_89

連続梯子を無事通過し、シャクナゲ林を抜け山頂へ

シャクナゲも終わり、早々と避難小屋まで下る

途中出会わなかった登山客も、ここに来てそこそこ食事をしている

負けじと先日龍門山で大失策を演じた「バーナー、ボンベ」忘れの反省に立ち

再度、具たくさんラーメンで昼食

25068_92
帰途、しなの木出合で奥駈道から離れ、西口に激下り

途中要所にロープを設けてくれているものの、滑る滑る

眼下に駐車場が現れホッと一息

昨日に引き続き、下市温泉「明水館」で汗を流し、帰途につく

2013年6月 4日 (火)

紫陽花の石垣尾神社、仁平寺へ

前日の朝刊県版に「緑化公園のあじさいが二分咲き」と報じられた

天気も良さそうだし、有田の紫陽花処はどうだろうとRTに跨がった

25. 6. 3(月) 石垣尾神社(有田川町吉原)~仁平寺(有田市糸我)

角島ツーリングの帰途、雨が入り込んだのかナビが動かなくなり修理中

スマホのナビを頼りに「石垣尾神社」に到着

250603_1_3
本殿に通じる階段は108段あるという

息を切らしながら、社殿に到着

250603_3
石垣尾神社は古来から地震封じが言い伝えられているらしい

南海トラフ地震の発生に戦々恐々の今、是非とも封じて頂きたいものだ

さて、紫陽花はと言うと境内も、神社下の広場もまだ1~2分咲き程度

250603_8250603_9250603_10

今週末にはあじさい祭りが行われるとのことで諸準備が進められている

わずかに開花した紫陽花を

250603_5250603_6250603_12250603_13

250603_15250603_16250603_17250603_18


次に向かったのが有田市糸我の「仁平寺」

250603_21

例年なら本堂の前にたくさんの鉢植えの紫陽花が並ぶが

今年はまだのよう

本堂裏に回ってみたがやはりこちらも二分咲き程度か

250603_23250603_24

有田の紫陽花処を後に、先日発売された「大人のバイク旅」で先輩が紹介していた“みかん海道”へ

250603_3_2250603_2

湯浅湾を眼下に快適ツーリングロードだ


250603_4_2250603_1_6


丁度中間地点辺りでか、真新しいログハウス風の建物が

イタリアンレストラン「オレンジi」

生憎月曜日が定休日で立ち寄ることができなかったが

改めて出かけてみたいロケーションではある

2013年6月 1日 (土)

梅雨の晴れ間に

25. 5.31(金) 龍 門 山 (756.6m)

梅雨入りしてからはさほど雨は降っていないが

この日の天気予報は晴れで土曜日からはまた雨

「いまでしょう!!」

田代ルート登山口10:10~10:35地蔵10:40~田代峠11:09~磁石岩11:30~11:40龍門山頂12:05~12:25明神岩12:37~中央ルート登山口13:07~13:19田代口

突然の山歩きはTAIを幼稚園バスに送ってからでないとスタートできない

当然行ける場所は近場に限られる

で、うまくいけばキイシモツケソウに巡り会えるかもしれないと龍門山へ

ところが登山口で大チョンボ

定番のラーメンを予定していたが、バーナー、ボンベを忘れたことに気づき

本日のランチは自家製おにぎりのみ

ともかく一本松からスタートし山頂を目指す

25_531_425_531_6

ヒトリシズカ? フタリシズカ?

杉林の足下に群生する白い可憐な花に歩みを停める

田代峠から尾根筋に入るとササユリが花芽を膨らませる

25_531_9
あと一週間もすればそこかしこにササユリがお目にかかれそう

磁石岩の手前あたりからコース脇にキイシモツケソウが姿を現す

25_531_1025_531_11

これが山頂に来るともう満開

25_531_1625_531_1725_531_18

昼食はというと、おにぎり、ゆで卵、ウインナー、リンゴで半時間もかからない

でもそこそこお腹が膨れ、中央コースを下山の途に

明神岩周辺もまたキイシモツケソウが見頃を迎えている

25_531_2525_531_27

帰途、買い物をして15時前には帰宅

サクッと行けるいい山だ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31