« 嬉しいバッタリ | トップページ | 涼風を求めて part2 »

2013年8月20日 (火)

猛暑から逃れて

連日35℃を超す真夏日が続く自宅を離れ

涼しいところは? と聞かれたら

「大台ヶ原でしょう!」

余りにもの暑さに和歌山を逃げ出し向かった先は

250817_1_320130817_155025_2

土曜日とあってか、それとも流星群の観察か

16時前だというのに、いつになく駐車場は大賑わい

先日ゲットしたロゴスの「ミニバンリビング」を張り

早速、お湯を沸かしてコーヒータイム

さすが大台ヶ原で、しばらくすると寒くて長袖シャツを一枚はおる

今宵の夕餉は、メッサで仕入れた出来合いのおかずで明朝はトースト

250817_33250817_35

夜更けても若いグループや家族連れの団体が楽しげに談笑していたが、

我が家は19時過ぎには高いびき (´△`)Zzzz・・・。o○

25. 8.17(土)~18(日) 大台ヶ原(東大台)散策

8/18(日) ビジターセンター7:06~尾鷲辻7:41~牛石ヶ原7:58~大蛇嵓8:25~尾鷲辻9:02~展望テラス9:48~日出ヶ岳9:55~10:42駐車場

いつもの東大台は日出ヶ岳からシオカラ谷へと時計回りに周回するのだが

何故かこの日はビジターセンターを出発しすぐの分岐を右にとり中道を尾鷲辻から反時計回りに歩くこととした

   (この気まぐれが後に思わぬバッタリに…)

250817_2250817_3

秋空を思わせるような雲一つない牛石ヶ原を抜け

シオカラ谷分岐を左にとり大蛇嵓へ向かう

これまで殆ど人に出会わなかったが大蛇嵓から戻る3人組の登山者に…

な、なんとルネさんだ

これまでも行者還岳や金剛山でニアミスを起こしていたが

初対面なのにすぐさまルネさんと分かった

250817_8

 

それに、憧れの君「スロトレさん」もご一緒と、二度の仰天

余の嬉しさにシャッターを切ったのは2枚のみ

シオカラ谷に向かう3名と別れ大蛇嵓へ

250817_10250817_16

尾鷲辻から正木ヶ原を抜け正木峠へ向かう

通い慣れた木道も反対回りでは風景も又ひと味違う

250817_19250817_20

正木峠からは日出ヶ岳の展望台が手に取るように見える

250817_23250817_24

展望テラスからの眺望はイマイチで富士山はもちろん尾鷲湾すら見えず

日出ヶ岳に登り、早々に下山する

250817_29

ルネさんと「たたら亭で再び」と約束していたが、

生憎、名物の鴨うどんはやっていないらしい

売店でうどんと柿の葉寿司のセットをいただき大台ヶ原を後に下北山村へ

当初は大台ヶ原で二泊する予定にしていたが大台では風呂には入れず

薬師の湯に浸かり、再び戻るのは大変で以前行ったことのある「きなりの湯」に行くこととした

センターハウスでフリーサイトを確保し

先ずはタープを設置する

250817_36250817_4


吸盤で後部ドアに貼り付ける代物で、風が強く心許ないが

取り敢えず設営を完了し、先ずは汗を流しに「きなりの湯」へ

250817_38250817_7

風呂上がりの生ビールは胃に染み渡る

マッタリと温泉で過ごし、キャンプ場に引き返す

夕食時から雨、風が強くなり、BBQサイトの片隅をお借りし夕食をとることにした

250817_2_2250817_3_2


本日のメインは焼き鳥、翌朝はまたもやトーストを

8/19(月) 下北山村~旧熊野川町~旧本宮町~湯浅町~自宅 

夜半の一時、雨が激しくなり愛車の屋根をたたく音や窓を閉め切ったことによる暑さから往生したが、雨が止み窓を少し開けると涼しい風が入ってくる

下北山村から北山村、旧熊野川町を抜け本宮から帰途に

途中、本場湯浅のしらす丼を湯浅駅前の「かどや」でいただき

2泊3日の涼を求めた旅が終結した

250817_5

« 嬉しいバッタリ | トップページ | 涼風を求めて part2 »

山歩記」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

猛暑のお蔭で素晴らしいバッタリが出来て良かったですね!
ところで車中泊アイテム「ミニバンリビング」めちゃ気になりま~す(焼鳥のアイテムもね)。
使用ごこちは?
まだまだこの暑さはつづきそうですので、お体ご自愛くださいませ!

相変わらず素早いUP!!ъ(^ー^)

ほんとにね~、後5分遅ければ、
hanasakuさんがいつも通りの周回ならば、
バッタリしてませんでしたものね~

たかっさん、残念でした~
「涼しいところ」は大台よりもっと良い所だったみたいで~ヽ(^Д^*)/

あ、私もそのロゴスのミニバンリビングと焼き鳥アイテム、気になります・・

■たかっさん

まさかまさかの出会いでしたよ
それもルネさんだけではなく、あのスーさんとも

ロゴスのタープね
後部ドアに吸盤で貼り付けるごく簡単な代物で設営は楽ちんです
ただし、風が強いと吸盤がすぐはがれるので使用に耐えません
もちろん舗装面ではペグが打てませんのでポールの使用は不可です
キャンプ場を利用しての車中泊には優れものですよ
http://outdoor.tssp.jp/html/details.php?itemNr=34419&cat3Nr=4595
価格はアマゾンならもう少しお安いですよ

■ルネさん

先日はどうもどうも

ミニバンリビングは前述の通りで
焼き鳥アイテムを少々PRさせて頂きます
物は「イワタニ炉端大勝炙り屋」という網焼き、串焼き用カセットコンロです
我が家はもっぱら焼き鳥を温めるのに使っていますが本来は網焼きがお勧めです
http://www.i-cg.jp/cf/grill/cb-rbt-a/
一度ご検討下さい

こんばんは。
こんな感じの大人のアウトドアってステキですね。
いつも感心しています。
初対面のバッタリでお互いだれかわかるってすごいですね!
hanasaku隊のお顔は今回インプットしましたー。(笑

ところで、北山村から旧熊野川町へ抜ける途中
国道を3分ほど瀞峡へ下ると「瀞ホテル」があって
今年10年ぶりに再開してステキなカフェになっていますが
hanasaku隊はスルーされてしまいましたか?

こんばんは~
こう毎日暑いとなんか笑ってしまうのが関西人ですね。
頭沸いてきたのかな~~??

私達もランクル車中泊のリビングに10年前位似たようなタープ手作りしたことありますが、
結局めんどくさくなってしまいました。特許とってたらよかったな~(笑)
ロゴスで販売してるのね~

■RYUちゃん

こちらこそ
いつもいつも先逹を勤めていただき感謝しています
ルネさんとはこれまで何度ともなくすれ違い
帰ってブログをアップしやはりそうやったかと

で、四人の写真は
スロトレさん、HAMAちゃん、ことさんとhanasakuばぁ
残念ながら? hanasakuは登場しておりません(笑)

ところで、素敵なカフェ
情報不足でした
我ながら反省です

■miyoさん

頭が沸かないうちに
生石へ、大台へと
頭を冷ましに行っています(笑)

ミニバンリビングはmiyoさん家の特許でしたか
ロゴスから少し頂かないと

コメント、もう2年振りぐらいになりますかなぁ~。 ご無沙汰しております。
皆さんのブログも時々覗いてはいますが、コメントを入れていませんので、備忘録として月に1度だけアップしている私のブログも、コメントを頂いていない状態です。

カーキャンプ!! いいでいね~  最近は愛車が箱バンの方がうらやましいです。 我が家はセダンなので、キャンプ場や道の駅を利用した車中泊旅行の時の食事と睡眠は悪銭苦闘しております。 でも車中泊旅行は年に一度ぐらいは出掛けたいと思っている楽しい旅です。
私もhanasaku隊に負けないようにアウトドアー 頑張ります。

■タマちゃん

燕山荘から常念小屋、違った、燕岳から大天井岳、常念岳
余にも印象に残った表銀座の山歩きでしたので
それを蓮ちゃんが歩かれているもんで思わずコメントしました
タマちゃんのブログ事情は十分承知しています
コメントは気になさらないで下さい

さて車中泊旅行
ベストはハコバンならハイエースクラスでしょうが
街乗りには少し大きすぎ、セカンドカーを持つほど余裕がないことから
日産のNV200に
小回りがきき楽しいですよ

大台ケ原で車中泊、楽しそうですね。
hanasakuさんは普段もパン食なんですか?
トーストに上手に焦げ目がついていて美味しそう~lovely

■あるぴょんさん

この夏はとりわけ猛暑が厳しく
それだけ1500mの高地は快適そのものでしたよ
この日は流星群を見ることができたようで
いつも以上にたくさんの車が停まり夜遅くまで賑わっていました

ところで朝食なんですが
普段パン食は週に一度だけです
ただ、山だと味も倍加しますよね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/52951342

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑から逃れて:

« 嬉しいバッタリ | トップページ | 涼風を求めて part2 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31