« 初雪を楽しみに | トップページ | ぽっかり雲遠征の全食事 »

2014年1月 7日 (火)

恒例の “ぽっかり雲で新年を”

例年だと31日の朝出発し、2日に帰るパターンだが

ゆっくり走ろうと言う事で前後に一泊ずつ車中泊を加えた

これにはもう一つ大きな理由がある

車中泊する事で吹田-諏訪間の高速料金が半額になり、マイニチサンデーの身には有り難い(結果、往路で3,750円、復路は吹田から地道を帰ったこともあり5,300円の儲け)

と言う事で30日の午前中に餅つきを済ませ和歌山を出発し、この日は養老SAで車中泊

31日は蓼科の「小斉の湯」で汗を流し雪の少ないピラタスの丘のぽっかり雲に15時到着

26.1.1(水) 縞枯山(2403m)~茶臼山(2384m)

北八ヶ岳ロープウェイ10:00=10:07山頂駅10:20~縞枯山荘10:44~雨池峠~縞枯山11:23~茶臼山展望台11:36~縞枯山荘~山頂駅~14:35北横登山口

260101_15

             下山時、北八つ登山口から撮影

昨夜来のパウダースノーが降り続く中、ぽっかり雲から歩いて僅か10分程の八ヶ岳ロープウエイ山麓駅へ

7分の乗車で山頂駅に到着しスノーシューを履き出発

本日の天気はイマイチなので縞枯山をピストンしロープウエイを使わずに歩いて下山する事とする

260101_20


山頂駅から縞枯山荘に至る樹林帯にはいつもの事ながらプチモンスターが育っている

260101_3


山荘前は拓けている分風が強く粉雪が顔面を叩く

雨池峠を右にとり樹林帯の中、縞枯山に向かう

260101_7


登山道は勾配が徐々にきつくなり、ヒールリフターを上げ山頂を目指す

たかだか半時間だがされど半時間で、この登りがきつい

260101_8


山頂は雪で展望がきかず早々と茶臼山に向かう

途中で出会った3人組パーティの一人が「地吹雪体験ツアーですね」と

20140101_1200211


茶臼も同様風と雪で、展望台下で早々と引き返し風を避けシラビソの木立の中で昼食を

260101_12


持参の赤ワインでホットウイスキーを作り、カップヌードルとクロワッサンというなんとも不可解な取り合わせのランチを頂く

縞枯山から縞枯山荘、山頂駅を経て下山の途に

下り始めてすぐに降雪でトレースが消え少しためらったがそれも解決

上り7分のところを1時間半かけスノーシューを楽しみながら下山

260101_14

         山頂駅から下山の途へ

最後に、帰途初詣に立ち寄った諏訪大社上社本宮のスナップを

260101_21_3260101_22260101_23


260101_24260101_25260101_26

« 初雪を楽しみに | トップページ | ぽっかり雲遠征の全食事 »

コメント

An unputdownable discussion is couturier scuttlebutt. I conceive that you need to write much with this content, it electrical power not be described as a preconception bailiwick nevertheless generally fill are not sufficiency for you to communicate in specified topics. To the actual succeeding. Cheers such as your Khmer Karaoke Celebrities.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/54520217

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例の “ぽっかり雲で新年を”:

« 初雪を楽しみに | トップページ | ぽっかり雲遠征の全食事 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31