« 2014年7月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年9月

2014年9月22日 (月)

富士山とブドウの産地を訪ねて Ⅲ

26.9.13(土) ぽっかり雲~帰宅

この日の蓼科は雲海に覆われ、幻想的な様相を呈していた

これまで何度となく足を運んでいるが、初めて見る光景である

1_41

1_40

雲海が立ちこめるはずで

この朝の外気温は10℃程

寒いのなんのって

さて、ご存じぽっかり雲はオーナーシェフのあゆみさんが作り出す食事の豪華さにある

豪華と言っても贅沢な食材を使ってのものではなく

家庭菜園を始め、身近な食材を使ってフランス料理仕立てにしている

では、本日の夕食及び明日の朝食を見て頂こう

9月13日(土) 夕食

260913_45_2260913_47260913_49_2

260913_50260913_51260913_52


9月14日(日) 朝食

260913_19260913_53


いつもいつもごちそうになってます

もう1泊車中泊の予定だったが、1日かければゆっくりと帰れることから

9時頃蓼科を後に、茅野駅前の味噌屋さんに寄って諏訪ICから帰途に

ゆっくりとした旅を楽しもうと今回の計画だったが、どうだったのだろう

2014年9月21日 (日)

富士山とブドウの産地を訪ねて Ⅱ

26.9.12(金) 勝沼~忍野八海~御射鹿池~ぽっかり雲

川口園の朝食はいたってシンプルで

260913_1

焼き魚、目玉焼き、納豆、ヨーグルトといった純和風

サッと頂き、昨夜お気に召した2012年製の川口園自家製ワインをお土産に購入

Img_0017

川口園はブドウ畑に囲まれ、少し手を伸ばすといくらでもとれそう

260913_2260913_6260913_8_2260913_10

駐車場の屋根もブドウの棚で出来ている

羨ましい限りだ

260913_18

ここでもお土産に何房かを買って勝沼を後にする

勝沼から河口湖、忍野八海と回る

260913_27_2260913_30260913_34


何故かその家屋の軒先にもトウモロコシがぶら下がる

260913_28_2
この日の昼食はFB仲間の「バウハウス」さんで

260913_35260913_38260913_37

小淵沢の閑静な住宅街にたたずむこぎれいな店で

昨日の富士見焼きそばに続き今日も超遅めの昼食になってしまった

後は今宵のお宿に辿り着けばいいだけなので、途中雪のない時期の御射鹿池を楽しんだ

御射鹿池は東山魁夷「緑響く」のモチーフとして有名な池

これまで東山画伯の影響か積雪時にしか立ち寄っていなかったが

緑立つ御射鹿池もまたいい

260913_44


260913_46


今日はこれで十分だ

他に何を望むだろう

ぽっかり雲への帰りがけに茅野市のカフェでソフトを頂いた

濃厚な味のソフトだった

2014年9月20日 (土)

富士山とブドウの産地を訪ねて Ⅰ

序章でも書いたように、今回の旅の発端は2,3年前だったか、「ワイン民宿 鈴木園」が取り上げられ気にとめていたことにある

ブドウの産地、甲州市でワイン博物館を併設し宿泊客に公開

地下のワインセラーには勝沼産を中心としたワインが1500本、30種位貯蔵してあるらしい

その後鈴木園は宿泊不可のようだが取り敢えず勝沼に行ってみよう

26.9.12(金) 犬山~新東名~富士五湖~勝沼

RVパークは車中泊が基本だから夕食や朝食の用意がない

例の通り我が家の朝は早く、昨夜の事に、たまたま温泉の道中に通りかかった喫茶「らんぷ」が早朝6時から営業しておりここに来る事に決めていた

1_91_10

こちらのモーニング(@380)は単なるコーヒー

それにトースト(バターor小倉餡)がついてくるから面白い

ちなみに犬山でもう1軒入った喫茶店(@400)も同様

コメダの原点がここにあるのかなぁー

喫茶を出、犬山城下町からお城に上がったが9時前で開門までには少し早すぎたようだ

260912_2260912_3260912_5


犬山城を後に再度富士周辺に向かった

先ず向かった先はB級グルメの有名処 富士宮の「うるおいてい」

犬山で少し遊びすぎたのか、うるおいていについた時には13時半を少し回っていた

260912_8

亭主が出てきて「営業時間は13時半までです」と

そこは遠路和歌山からと頼み込み、2席分を確保した

調理は全て店の方がやってくれる

何の変哲もない焼きそばだが、麺にはこだわりを持っているようだ

260912_10260912_12260912_14

残りの富士五湖を巡り勝沼の宿舎に入るのが今日の予定

ところが目指す富士山は一向に姿を見せてくれない

富士山あっての富士五湖である

260912_18260912_19


本栖湖を過ぎ西湖で初めてその雄姿が雲間から垣間見せてくれた

hideki感激!(フルー) ではないが、hanasaku 大々感激である

260912_21

後はもうどうでもいい

260912_28260912_25


違った、ブドウの産地甲州へ行かなければ

おっとその前に、朝霧高原のソフトクリームは欠かせないところ

1_22

今宵の宿舎「川口園」は『勝沼ぶどう郷民宿村』にあり

5分ほど離れたところには公営温泉施設「天空の湯」も

ではお待ちかね民宿の夕食を頂きましょう

260912_30_2260912_31260912_32


食卓にはいつものように地ビールと自家製ワインが飾られています

260912_33260912_34260912_35


今日も大満腹です

勿論食後にはフルーツが出されます

260912_40


量は少ないですが、大アップでサービスしときます

2014年9月19日 (金)

富士山とブドウの産地を訪ねて 序

『ほんとは誰にも教えたくないくらいにお気に入りの場所。勝沼にあるとても雰囲気のいい民宿です』

と、情報誌だったか、何かに紹介されていたのを気になって書き留めていた

今回富士山方面をドライブするに際しHPを開くと、宿泊は受け入れていないらしい

ともかく味覚は白ワイン口に染まっており甲州方面に走らせてみよう

ゆっくりと自宅を出発し、今宵のお宿、愛知県犬山市に向かった

9月11日(木) 和歌山~犬山市「ローレライ麦酒館」

今回の目的の一つが「RVパーク」に泊まって施設を確認すること

キャンピングカーオーナーや車中泊ファンに、『快適に安心して車中泊が出来る場所』を提供するために日本RV協会が推進しているシステムが「RVパーク」

全国に33認定パークと129の「湯YOUパーク」が指定されている

パークは電源設備の他ゴミ処理OK、発電機OKと言った施設が整っている

260911_10_5260911_9_3


また利用料金も無料から2千円程度までで、安全に格安に泊まれる

ここRVパーク「ローレライ麦酒館」はすてきな麦酒館が飲酒運転防止のためかパークを併設しているといった感じだ

260911_1_4260911_2


レストランは竹藪に囲まれた素晴らしいロケーションで

団体客がまだ入っていなかったのでゆっくりと食事をとる事が出来た

では、その一端を

260911_5260911_6


260911_7260911_8

後は車でゆっくり頂こう

そう言えば昨日嬉しい事が…

ローレライ麦酒館から車で10分程のところにある「さら・さくらの湯

ロビーでふと見ると65歳以上600円が300円と

「証明するものが何かいるんですか」と聞くと「自己申告です」

こんなのっていいなぁ

260911_1_5260911_3

2014年9月 9日 (火)

中秋の名月はSOBOで

中秋の名月の昨夜

気の合った仲間3家族6人で

塩屋のピアッツァ店「SOBO」へ

もともと窯焼きピザが有名だったが

その後パスタを提供してくれるようになって食事にも行けるようになった

260908_sobo_11


260908_sobo_17_2


さて、SOBO

前菜に始まり、パスタ、ピザ等を適当にチョイスした

260908_sobo_1260908_sobo_2260908_sobo_5


これで生ビール2杯は十分行けた

260908_sobo_6260908_sobo_8260908_sobo_9


グラスワインで仕上げ、月明かりの中代行に乗り込んだ

260908_sobo_18

2014年9月 1日 (月)

夏休み最後の日をパリゴーで

久しぶりにアップした内容がグルメとはいかにもhanasakuらしい

3月10日以来、闘病生活を余儀なくされたがボチボチ惜別したい

と言う意味もあって、

ご近所の一番落ち着くお店『パリゴー』へ

260831_1_2260831_4_3

ご存じパリゴーは日本家屋で楽しむフレンチ

特に女性シェフが造り出す繊細な料理が持ち味だ

いつものようにコースの「オードリー」をお願いした

先ずは前菜とカボチャのスープが

260831_6_2260831_9


前菜で満足しそうなボリュームだ

魚料理、肉料理と続く

260831_10

肉料理はオマールエビとステーキをそれぞれに

260831_13_2260831_12


ここで思わぬサプライズが

シェフから「元気になってよかった」と花束のプレゼント

涙を流さんばかりに感激した

感動した

260831_16

260831_15260831_19


こころも体も満たされた一日だった

« 2014年7月 | トップページ | 2014年12月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31