« 富士山とブドウの産地を訪ねて Ⅱ | トップページ | お知らせ »

2014年9月22日 (月)

富士山とブドウの産地を訪ねて Ⅲ

26.9.13(土) ぽっかり雲~帰宅

この日の蓼科は雲海に覆われ、幻想的な様相を呈していた

これまで何度となく足を運んでいるが、初めて見る光景である

1_41

1_40

雲海が立ちこめるはずで

この朝の外気温は10℃程

寒いのなんのって

さて、ご存じぽっかり雲はオーナーシェフのあゆみさんが作り出す食事の豪華さにある

豪華と言っても贅沢な食材を使ってのものではなく

家庭菜園を始め、身近な食材を使ってフランス料理仕立てにしている

では、本日の夕食及び明日の朝食を見て頂こう

9月13日(土) 夕食

260913_45_2260913_47260913_49_2

260913_50260913_51260913_52


9月14日(日) 朝食

260913_19260913_53


いつもいつもごちそうになってます

もう1泊車中泊の予定だったが、1日かければゆっくりと帰れることから

9時頃蓼科を後に、茅野駅前の味噌屋さんに寄って諏訪ICから帰途に

ゆっくりとした旅を楽しもうと今回の計画だったが、どうだったのだろう

« 富士山とブドウの産地を訪ねて Ⅱ | トップページ | お知らせ »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

わぁ~いつもながらの素敵な旅レポゴッチャンで~す。
ぽっかり雲の朝も寒かったようですね!先週末の美ケ原の気温も6℃と寒くブルブルでした。
先ほど帰宅してクタクタで~す。(車中泊4泊)

グルメ三昧ツアー復活ですね!
犬山、富士五湖、勝沼、そしていつものぽっかり雲と、
それぞれの旨いモノ情報のエリアの広さに改めて驚き!!

私も、美味しいモノ食べた~い!
でもね~、三週連続の山詣で。
ガソリン代と高速代で、我が家はパンク寸前! (>_<;)
hanasaku家の画像で我慢しときます・・くすん・・

■たかっさん

美ヶ原と言えばホンお近くにいらしたんですね
もう信州は秋を通り越して初冬の気候のようですね
今回行ったRVパークは電源のみの施設で、イマイチでした
車中泊情報、また送付下さい


■ルネさん

そう、ガソリン代と高速代
高くつきますよね
今回天理までは京奈和自動車道を繋ぎつなぎ辿り着きました
別に急ぐ事もないしね
これでいくらほど稼いだのだろう

泊まるところもRVパーク(車2000)といい民宿といい(ワイン込み@9000)
安いところばかりでしたよ
よろしかったらまたコーディネートします

はなさくの山歩記とRT記を長年楽しませていただきましたが、2014年9月の旅行記が最後になってしまいましたね。長年バイクツーリングでご一緒させていただ仲間として大変残念です。もうツーリングに誘っていただけないのかと思うと寂しくてしかたがありません。2014年11月24日永眠されたブログ著者土井道明さんのご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。

最後の書き込みになりました。
またお会いできると信じていたのに、、
無念で仕方ありません、もう一度隠れ家で会いたかった、
初めてバイクで奥様と来られた時のことが忘れられません、
ほんとに、ほんとにもう一度お会いしたかった。。。
最後にお知り合いになれてよかったです。

ありがとうございました。

先日、ご逝去されたことを知り言葉を失くしました。
旅立たれたhanasakuさんに、そして残された奥様に声を掛けさせていただきたいと思うものの、書いては消し、書いては消しを繰り返しておりました。

今日、生前のhanasakuさんとメッセージを拝読いたしました。
涙が溢れて止まりません。
自分の人生を潔く受け止める潔さ・・。
余りにもあっけない旅立ちでしたけれど、人生を精いっぱい生き抜かれた誇りを感じました。

でも、それだけにより一層悲しさがこみ上げてきます。

奥様とお二人で、もっともっといっぱい山を歩き、美味しいものをいっぱい食べて私たちを羨ましがらせていただきたかったです。
苦しむことなく安らかに旅立たれたことだけが救いです。
hanasakuさんのご冥福と、奥様がこの悲しみから少しでも早く立ち直られることをお祈りするばかりです。

コメント欄が見当たらなかったので、こちらにコメントをさせていただきました。

しばらく、更新がなくて心配してました。

本当残念でたまりません。
上のお二方の書かれた通り、、
あっけない旅立ちでしたが、潔く受け止められて、まっすぐに天国に召されたと思います。
安らかに、旅立たれて、よかったです。
hanasakuさんのご冥福をお祈りします。

また、マツタケを見つけてほしかった。
来年はもっと、たくさん見つけてほしかった。
心より、ご冥福をお祈りいたします。

もっと早く投稿させていただくべきでした。

hanasakuさんのブログをずっと楽しく拝読させていただいていました。
同じ和歌山に住み、こよなく山を愛する者として、共感と感動を与えていただいていました。
本当にありがとうございました。

今更と思いつつも、投稿せずにはいられませんでした。
hanasakuさんのご冥福をお祈りいたします。

ショックです。

沢山のことを教えていただきました

和歌山の美しさを
たくさん教えてくださいました

そして今の私の一番の楽しみでもある車中泊も

私が車を購入したときも
一番楽しみにしていてくださいました
「いつか一緒に旅にいこうな」と。

感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1360343/57261923

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山とブドウの産地を訪ねて Ⅲ:

« 富士山とブドウの産地を訪ねて Ⅱ | トップページ | お知らせ »

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31