2013年11月25日 (月)

日曜日の昼下がり

朝からヤマモモの木にイルミネーションを貼り付け

サンタや長靴などのデコレーションも飾り付けた

お向かいの家も昨夜から点灯しておりこれでミニ団地入り口の恒例のアーチとなる

さて昼食後、昨日三年坂を通りかかった時気になっていた和歌山城の紅葉

改めてブラリ散策することとした

251124_3251124_4


西の丸から紅葉渓を経て追廻門からいったん城外へ

251124_7251124_8


三年坂を下り、岡口門から再入城

251124_12251124_17


表坂を天守閣に上り裏坂から二の丸庭園へ...

いつになく天守閣前広場は多くの人で賑わう

251124_26251124_30


よさこい踊りで賑わう二の丸をあとに一の橋から再度城外へ

251124_45251124_46


ケヤキ通りの紅葉を眺め原チャを停めている市役所に戻る

251124_48


ちょっとした紅葉狩りになった

2013年11月 9日 (土)

紅葉情報 第4弾 2/2

25.11.5(火) 芦生の森

昨夜、山の家支配人から「カツラの巨木やトチノキ平を案内しましょうか」とのお声かけがあり

当初トロッコ道を歩く予定にしていたが案内して頂く事に

251145_25251145_27


8時に山の家をマイクロで出発し、モザイク模様の紅葉を眺めながら内杉谷を進む

251145_24251145_23


途中何カ所かに車を停めて頂き秋彩に染まる山並みに感嘆する

251145_33


251145_105



途中立ち寄ったカツラの巨木には圧倒される

251145_34

下谷から上谷を経て長治谷作業小屋に到着

小屋の近くには土日しか許可が下りないというキャンプ場が併設される

251145_38251145_41


若いご夫妻が野鳥の観察に余念が無い

251145_43251145_45


トチノキ平では長靴の出番とばかり渡渉で童心に返り

トチノキの巨木の前で記念写真に収まる

251145_50


251145_52



熊が冬眠するというトチノキのウロには少し小さすぎるかな

今一度トチノキ平の紅葉を

251145_57251145_58


10時頃、研究林入口でバスから下り、今度は自らの足でトロッコ道を散策

251145_60251145_67


トロッコ道に入ってすぐ、民家の近くで罠にかかったのか鹿がもがいている

農作物を荒らす有害獣とは言えあまり見たくはない光景だ

251145_74251145_75


1時間足らず歩いた後由良川の河原におりコーヒータイム

紅葉とせせらぎの音にしばしマッタリと過ごす

251145_81

由良川に別れを告げ、芦生山の家に立ち寄りお礼を言った後

河鹿荘で入浴、名物のぼたん味噌煮込みうどんを頂き帰途につく

2013年11月 8日 (金)

紅葉情報 第4弾 1/2

25.11.4(月・文化の日) 美山かやぶきの里

251145_2251145_3


9時に和歌山を出発し、阪和自動車道、第二京阪道、京滋バイパスと乗り継ぎ

今春に開通なった大山崎JCTから沓掛ICを経て園部ICまで小休止を含め約2時間

これまで大山崎ICや京都南ICで高速を下りて沓掛ICまで地道をノロノロと走っていたのがウソのようだ

251145_10251145_15


園部ICの真前にある道の駅「京都新光悦村」で、11時までという「卵かけご飯 300円」を「11時までの料金でお願い!」と

その後立ち寄ったログハウス喫茶のコーヒーが@400だからいかに昼食が安くついたか

251145_94道の駅を出て15分ほどで日吉ダムに到着

こちら、ダム堤体内部が公開されているとのことで楽しみにしていた施設

堤体上部の管理用道路からエレベーターで1階まで下り巨大なダムの奥深くにある洪水吐きゲートを見る事が出来る

列島改造論が声高らかに叫ばれていた頃の施設か、併設された公園や遊歩道がいずれも立派だ

美山・かやぶきの里では小雨の降る中、傘を差して集落を散策

251145_16251145_17


相変わらず人気のスポットだ

251145_20

15時過ぎ、今宵のお宿「芦生山の家」に到着し、一風呂浴びた後、名物地鶏すき焼きに舌鼓を打つ

251145_96251145_97251145_98251145_99

2013年10月20日 (日)

宇陀松山華小路

奈良県はダリア球根の生産日本一

その一翼を担うのが宇陀市

重要伝統的建造物群保存地区に選定された宇陀松山地区で

19,20の両日、宇陀松山(まっちゃま)華小路のイベントが開催された

球根を育てる為にダリアの花を摘んでしまうが

その摘み取った花を使って小路に絵を描く催しです

19日夜にはライトアップされ花の絨毯が浮かび上がっていました

10/19(土) 

251019_1251019_6251019_7


251019_14251019_8251019_10


251019_12251019_15251019_17


明けて20日(日)は生憎の雨

しかしダリアにとっては恵みの雨か

なお一層きれいに輝いていた

251019_21251019_23251019_25


251019_26





2013年9月26日 (木)

鷲ヶ峰コスモスパーク

標高586mの鷲ヶ峰山頂は9月下旬から10月上旬にかけてがコスモスの見頃を迎える

今から15年ほど前、和歌山に始めて登場した風車の足下に色とりどりのコスモスが咲き乱れる

250925_13


快晴の25日(水)、愛鉄馬RTを鷲ヶ峰に走らせた

有田川に架かる田殿大橋から狭い山道を約30分

前方に大きな風車が現れると間もなく山頂

250925_3250925_7


ところがパーク寸前で思わぬ出来事が

水やり用のスプリンクラーからの水をしっかり被ってしまった

車はワイパー一つで対応できるがバイクはそうもいかず

250925_16


駐車場にRTを停め、園内をしばらく散策

平日だか他府県ナンバーの車が多く見られる

250925_14250925_15


胸にツアー会社のワッペンをつけたアマチュアカメラマンらしき集団が

大きなカメラを抱えて思い思いのアングルで激写している

250925_21250925_24

眼下に湯浅湾を眺めながら秋の装いをしばし楽しむ

250925_25250925_1


【本日のRT走行距離】 93km

そうそう、23日に行われたTAIの運動会

大活躍したTAIに敬意を表して

250923_19250923_28

アンカーを務めたリレーではトップでテープを切り

引き続き行われた綱引きも勝利

250923_115250923_67


パパと走った障害物競走はまたもやトップで走り抜け

体操クラブの組み体操もしっかり演技していた

これが幼稚園最後の運動会となる

250923_91

2013年7月28日 (日)

開花時に「ポン!」と音がする?

250728_3250728_5

250728_22250728_6


250728_7250728_8

250728_9250728_27

ハスの花は未明に開花し始め、10時頃にはしぼんでしまうという

250728_11_2普段は9時に開園する和歌山県植物緑化センターが、

ハスの花の開花時間に合わせ6時30分に開園するという配慮

6時45分頃入園した時には既に30人ぐらいの来場者があったか?

皆さん三脚に本格的なカメラを抱え写真撮影に余念がない

大きな葉が池一面を覆う中に白やピンクの大輪が顔を覗かす

ハスの葉のもさることながら園内にはたくさんの草花が咲き乱れる

250728_16250728_18

250728_20250728_34


7時過ぎに管理棟に戻り、モーニングを頂く

250728_38250728_39


早朝の爽やかな風を受けながらRTでのショートショートツーリングを楽しんだ

2013年7月20日 (土)

八ヶ岳温泉三昧 2/3

25.07.16(火) 本沢温泉~夏沢峠~硫黄岳~箕冠山~根石岳~東天狗岳~しらびそ小屋

250714_79_2

本沢温泉6:50~7:58夏沢峠(やまびこ荘)8:03~硫黄岳9:04~9:28硫黄岳山荘周辺9:43~硫黄岳10:14~10:58夏沢峠11:40~箕冠山12:22~根石岳12:39~13:14東天狗岳13:35~中山峠14:30~15:53しらびそ小屋

当初予定では本沢温泉から夏沢峠に登り根石~東・西天狗と回る予定だったが、急遽硫黄岳山荘まで足を伸ばすこととし、硫黄岳から夏沢峠に戻った段階で後のルートを再考することとした

250714_49_2

今日も天気が良さそうだ

本沢温泉を出発し野天風呂分岐からしばらく行くと眼下に湯船が

やはり登山道からは丸見えだ

250714_53_2250714_54_4

時折左手に硫黄岳を眺めながらほぼ予定の時間に夏沢峠(やまびこ荘)に到着

夏沢峠から硫黄岳までは1時間

歩き始めてしばらくすると樹林帯を抜けガレ場の九十九折れに入る

250714_65250714_61

眼下に昨夜泊まった本沢温泉を眺めながら、やがてケルンが並びだすと山頂はもうそこだ

250714_68250714_71
         硫黄岳山頂から天狗岳を望む

山頂での記念写真もそこそこに早々と硫黄岳山荘に下る

山荘の直前から目指すコマクサが一面に広がっている

250714_75
250714_80
250714_74_2
開花時期が過ぎたウルップソウもコマクサの中に一輪

250714_81
足を伸ばしてよかった

ただ教えて頂いた一輪の白いコマクサにはお目にかかれなかった

山荘から硫黄岳に登り返し、再び夏沢峠に下る

250714_88250714_90

本沢温泉で作って頂いた弁当を食べ、当初予定していた西天狗岳は時間の関係でスルーし中山峠からしらびそ小屋に下山することに決定

夏沢峠から箕冠山を経て根石山荘近くで再びコマクサの群生に遭遇

250714_93
何とも賑やかな案内板

250714_98250714_99

まもたもや足はデジ亀に

根石岳から八ヶ岳の主峰を振り返りながら険しい岩稜の東天狗岳に到着

250714_103                       手前硫黄岳から横岳~赤岳

狭い山頂で本日初のコーヒータイム

東天狗岳からは眼下に黒百合ヒュッテを眺めながら岩ゴロの道をただひたすら下る

250714_114250714_117

中山峠から今度は樹林帯の中を歩き、今宵のお宿「しらびそ小屋」に到着

250714_184250714_119

本日はツアー客7名と稲子湯からピストンで山歩き初デビューという女性二人組の11名

昨夜といい平日の小屋は空いていていい

250714_282                     夕刻のみどり池

【本日見かけた草花】

250714_253250714_257250714_258

250714_272250714_274250714_275

2013年7月19日 (金)

八ヶ岳温泉三昧 1/3 

名神多賀SAで昼食をとり外に出るとスコールのような雨

しばらく様子を見、雨脚が少し緩くなった時を見計らってNV200に走る

次に恵那峡SAを過ぎた辺りから今度はゲリラ豪雨

ワイパーを高速で作動するが前が見づらく60km/hで走行するのがやっと

何とか無事諏訪湖SAに辿り着き

諏訪湖温泉で冷や汗を流し今宵のお宿「八ヶ岳PA」へ向かう

25.07.15(月・海の日) 八ヶ岳PA~稲子湯温泉~しらびそ小屋~本沢温泉

250714_243

今年の夏山は「マッタリと楽しもう」がテーマで

『本沢温泉でゆっくりと温泉に浸かり、しらびそ小屋で厚切りトーストを頂く』を

目的とした

八ヶ岳PA5:46=長坂IC5:49=6:50稲子湯温泉登山口7:03~こまどり沢8:11~8:41みどり池(しらびそ小屋)9:02~中山峠分岐9:10~10:39本沢温泉

稲子湯温泉登山口から歩き始め樹林帯の中にクルマユリやオダマキを見つけさっそくデジ亀状態に

250714_5250714_4

先が思いやられる

250714_7250714_8

250714_14


歩き始めて小一時間

こまどり沢の「みどり池 はってでも30分、稲子湯 なんとなく1時間」とユーモラスな表示板に頬が緩む

250714_17250714_22


みどり池に到着しフルーツゼリー大休止

しらびそ小屋に明日の宿泊と厚切りトーストを楽しみにしていることを伝える

小屋を出て中山峠分岐を過ぎしばらくすると小屋で教えられたクリンソウ畑に到着する

250714_39250714_40


せせらぎの畔にピンクのクリンソウが群生している

5月の末に行った金剛山のクリンソウ畑とは又趣が異なり愛らし

撮影会に15分ほど費やし急ぐこともないが本沢温泉に向かう

250714_43

本沢温泉に11時前に到着し、先ずは腹ごしらえ

本日のランチは、日清のたらこスパに岸和田SAで買ってきたクロワッサン

もちろんコーンスープと一番搾りスープも同伴する

250714_48250714_44

食後、と言ってもまだ正午前だがチェックインを済ませ、先ずは貸し切りの内湯へ

湯船を覆う重い板を数枚外すと一面に硫黄のにおいが漂う

よく温まる湯だ

250714_228250714_239

いったん部屋に戻り午睡をむさぼった後、今度は秘湯中の秘湯

標高2150mと国内で最高所にある野天風呂「雲上の湯」へ

谷筋の急な斜面の中程に、湯船だけがぽつんと一つある

日中女性が入るにはなかなか勇気のいる温泉だ

湯船から見上げると登山道を歩く人が見える

と言うことは登山道からも……

250714_50                  翌日に登山道から眺めた雲上の湯

しかし、白濁した湯に底から湧出しているという温泉は格別

5年ほど前の白馬岳の帰りに立ち寄った蓮華温泉の「仙気の湯(1500m)」とは又ひと味違う

夕刻、再度内湯に浸かり都合三度の温泉三昧

本日のお泊まりは、大学生らしき男性5人組と千葉から来た単独男性1名にhanasaku隊で都合8名

その単独さんから「硫黄岳山荘から横岳にかけてコマクサがきれいでしたよ」に、明日の行程を考え直すことに

250714_247_2250714_249
       本沢温泉の夕食&朝食

本日見かけた草花

250714_202_2250714_204_2250714_205_3

250714_207_3250714_231250714_232

2013年6月23日 (日)

紫陽花をはしご

今シーズン、6月3日の有田の石垣尾神社~仁平時に始まり、13日の三室戸寺

そしてこの日、21日(金)は根来の「和歌山県植物公園緑化センター」へ

250621_32

受付で免許証を提示すると入場料が無料?となる有り難い制度に気をよくし

雨に煙る中、園の一番奥にあるアジサイ園に一目散

250621_20250621_14

やはりアジサイは雨によく似合う

クラブハウスにあった「あじさいは6分咲き」との表示の通り

満開まではあと少しといったところか

250621_3250621_8


250621_4250621_6250621_9

アジサイ園を一周し、ハスの開花状況を確かめにハス池へ

250621_26250621_27250621_28

7月末の土日(27、28)と8月初めの土日(3、4)に

ハスの開花に合わせて早朝の6時30分に開園するそうだ

明けて22日(土)

橋本の「恋し野の里」アジサイ園へ

250622_7

23日(日)にあじさい祭りが催されるようだ

250622_8250622_11

青系統アジサイが今が盛りと咲き誇っている

タイミング的に少し早かったり、晴天が続いて元気がなかったりと

花の開花に合わせるのは難しい

2013年6月19日 (水)

ササユリの大福山

25. 6.18(火) 大 福 山 (427m)

大同寺登山口9:34~葛坂9:51~岩神山分岐10:06~10:35奥辺峠10:46~11:13大福山12:04~俎石山12:19~北展望台12:21~大福山12:39~13:04奥辺峠13:11~岩神分岐13:35~14:01登山口

5月末の龍門山で蕾が膨らみかけたササユリを見かけた

山頂にネットで保護されたササユリ畑がある大福山はどうだろうと…

大同寺駐車場を出発し20分程で紀ノ川が一望できる開けた箇所に着く

250618_5
少しもやっているがいい眺めだ

歩き始めて30分程して第一ササユリ発見

花びらが散り、時期既に遅しと少々落胆

しかし、さらに進むと大きな蕾を持つ一本に遭遇

250618_8250618_43

ちなみに、左が登山時で右が下山時

少し開花が進んでいる

250618_9

“第一ササユリ発見”箇所から奥辺峠にかけて随所に可憐な花を見せる

250618_13250618_14_2

250618_15250618_18

まさにササユリ銀座だ

山頂のササユリ畑は今が盛り

250618_23250618_24250618_27

山頂でいつもの「サッポロ一番しょうゆ味」を頂き、俎石山へ足を伸ばす

250618_30250618_34

関空も少しかすんでいるが眺望抜群の北展望台だ

再び大福山に戻り、奥辺峠を経て下山

250618_40
金剛山のニリンソウ(5/2)に始まり、大和葛城山のツツジ(5/16)、金剛山のクリンソウ(5/25)、龍門山のキイシモツケソウ(5/31)、そしてこの日のササユリ

近場での花観賞ハイクは開花時期がほぼ的中した

次は、高山植物???

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31